通信講座や人気資格サイト

POPライターインストラクター認定試験口コミ評判

pop広告

手書きでも、PCソフトでも手軽に楽しむことができるPOP。大事なコツを知ることで色使いや季節感、商品の魅力を伝える力をアップでき、人の目を引く世界を極めることを楽しめます。早速、POPライターインストラクター認定試験についてご紹介します!

POPライターインストラクター認定試験とは?

POPライターインストラクター認定試験は、日本インストラクター協会が実施している資格試験です。「ビジネスデザインに関する技術、制作の流れや手法について様々な知識を身につけた人。趣味レベルでなく、相手に伝わるようなビジネスレベルの作品を作ることができる人。講師活動ができる人。」と認定してもらえるということ。

どんな知識や技術を習得できるの?

POPライターインストラクター認定試験に向けて勉強する内容の例は、下記となります。

1POPイメージ広告の作成

・デザインの抽象化

・イメージの強調

・キャラクターの採用

・ユーザーニーズと同化

・ユーザーの年齢や販売層を特定

・データベース化と広告のサイクル

・オンデマンド印刷について

2POPイメージ広告の要素

・テキスト情報の検証

・イメージ演出の加え方

・情報の優先度を決めることについて

・タイトルについて

・キャッチコピーの力について

・メッセージ性について

POPの奥深さを感じられる項目が並んでいることを感じますね。どう伝えたいか、という視点だけでなく、何が求められているかに視点を移すことのできるレベルに上がることができそうです。

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。

試験は偶数月に行われ、246、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

口コミや評判が気になる!

POPライターインストラクター認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「文房具屋のアルバイトをしているので、仕事に活かしながら資格取得チャレンジできると思いました。」

「家族が美容室を経営しているので、役立つのではないかと興味を持っています。」

POPへの興味と、仕事などへ活かすことがうまくマッチングしている様子が窺えます。

POPの魅力

POPを使用するビジネスの場は幅広くあります。また、POPデザインをうまく活用することで売り上げがアップすることをすぐに実感できるところが、やりがいに結びつくのではないでしょうか。

デザイン系に興味がありつつも、才能がないからと諦めてしまった人が、趣味の世界でセンスの良さを活かすことができるという面も大きな魅力です。

まとめ

POPは、日常目にする機会が多く、勉強を始めることで街歩きを楽しむことにも役立てることができます。楽しい趣味に興味のある方は、POPライターインストラクター認定試験を検討してみてはいかがでしょうか。
POP広告資格  POP広告資格

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA