通信講座や人気資格サイト

DIY工作アドバイザー口コミ評判

diy

DIYが今大流行しています。特に女性には人気になっており、DIY女子という言葉ができるほどです。そもそもDIYとは英語の「Do It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)」を略した言葉で、日本語では自身で行うという意味になっています。つまり、専門業者ではない人が、モノを作ったり、修繕したりすることです。わかりやすくいうと自分好みの部屋にするために床を張ったり、家具を作ったりすることをDIYと言います。難しいように感じますが、意外とハマる人が多いようです。

・DIY工作アドバイザーとは

日本生活環境支援協会ではDIYに関する基礎知識や技術、道具の使い方などを理解し、他者へとアドバイスができる人材に「DIY工作アドバイザー」という資格を認定しています。DIYは文字通り、自分で修繕や家具の制作などを行いますが、それを他人に教えることになると勝手が違います。自分で行うときは試行錯誤し、自分の感覚でDIYを行うことができますが、人に教えるときはそうはいきません。
DIYを何も知らないという人には専門用語や基礎知識から教えなければなりません。ある程度知っているという人にはDIYのスキルを向上させるために必要なことを判断し、教えていきます。そのスキルを持っているのが「DIY工作アドバイザー」です。
DIYは自分で家具を作ったり、部屋を模様替えできる楽しい趣味です。切ったり張ったりする作業は大変ですが、自分好みの部屋にできることが一番の楽しみだと思います。そんなDIYの先生になってみてはいかがでしょうか。

・DIY工作アドバイザー認定試験

DIY工作アドバイザーになるためには日本生活環境支援協会が行っている認定試験に合格しなければなりません。受験概要は以下の通りです。
受験資格:特にありません

受験料:1万円(税込み)

試験日程:偶数月20日~25日

受験方法:インターネットで申請し、在宅受験

合格基準:7割以上
受験資格などはなく、誰でも受けることができます。ネットから応募し、在宅での受験ですので、気軽に受験することができます。料金は1万円とちょっと高いと感じる人がいるかもしれませんが、趣味の延長線上だと思えば、決して高くない料金だと思います。
では、気になる試験内容は

  • DIY基礎、 DIYに必要な道具について
  • ヘッドボードDIY、カッティングシート、インテリアシール、百均で出来る簡単DIY、塗装、壁紙の貼り方
  • レンガの積み方、珪藻土の塗り方、ガラスシート、自分で出来る壁紙の張り替え、クッションフロアを敷く、DIYで気を付けること

となっています。まったくDIYをしたことがないという人はまず本を買って勉強することをオススメします。幸い、試験は2か月に1度行われていますので、早ければ2か月で資格の取得が可能です。DIYをやっているという人はぜひ資格を取得してみてください。

・口コミ評判

DIYはもともと男性的な仕事柄ですので、資格を取る人は男性が多いと思います。しかし、最近は女性の方にもDIYをする人が増え、受験する女性も増えていると思います。DIY女子が増えている今だからこそ、DIY工作アドバイザーを取る価値があると思います。
DIYアドバイザー  DIYアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です