通信講座や人気資格サイト

CAD人気資格ランキング

cad

CADという言葉を聞いたことがあるでしょうか。CADとはComputer Aided Designの略で、建築用の図面を作成するパソコンソフトのことです。現在の建築系や機械系の現場では、図面を書く際に人の手を使うことが少なくなり、代わりにこのCADを使用する場面が増えています。就職や転職の際に、資格がなくて困っているという人は必見です。さっそく見ていきましょう。

1位 CADデザインマスター

様々な種類のCADを使用でき、建築や機械など多種多様な業務で一定水準以上の対応が可能な能力を保有する方は、CADデザインマスター資格を取得することができます。使用できる必要があるのは世界標準CADやAUTOCADの他にJWCADです。また、上記に挙げた場面の他に、設備系、電気系、土木系の分野でもCADを使って作図ができる必要があります。CADデザインマスター資格はこちら

2位 建築CADインストラクター

建築系のCADに特化したい、と考えている人はこの資格を取得すると良いでしょう。建築CADインストラクター資格は、まず建築CADを使った設計や施工図を理解できる必要があります。その上で、AUTOCADかJWCADを使って実務レベルで作図が可能な方が資格を取得することができます。資格取得後は講師として、建築CADの使い方を教えることができるようになります。建築CADインストラクター資格はこちら

3位 機械・設備・電気CADインストラクター

機械、設備、電気系分野でCADを使う機会がある、という方は機械・設備・電気CADインストラクター資格を取得すると良いでしょう。この資格では、CADを使用した空調設備設計や給排水衛生設備設計、電気設備・プラント設備設計等の作図についてしっかりと理解しているかが問われます。その上で、建築CADインストラクター資格と同様に、AUOCADかJWCADを実務レベルで使用できると資格を取得することができます。機械・設備・電気CADインストラクター資格はこちら

4位 土木CADインストラクター

土木系のCADをに特化したい方は土木CADインストラクター資格を取得すると良いでしょう。この資格も建築CADインストラクター資格と同様に、AUOCADかJWCADを実務レベルで使用できる能力を必要とします。加えて、土木CADを使用した土木製図に関する基礎知識を習得しているかどうかが問われます。土木CADインストラクター資格はこちら

5位 建築模型士Primary

この資格は建築模型製作の知識と技能を保有していることを示す民間資格です。特別な試験などは必要なく、「建築模型製作技能講座」という通信講座を修了することで取得することができます。講座はDVDを見ながら進めていく形式がとられていて、自分のペースで基礎から徐々に学ぶことができます。ものづくりが好き、副業がしたいという方は、この機会に建築模型作りを始めてみてはいかがでしょうか。

6位 建築CAD検定

建築CADの技術を身につけたいと考えている方は建築CAD検定資格取得を目指してみましょう。この資格は実際に社会で求められるCAD技術を持っているかどうかが問われます。難易度毎に1級〜4級まであるので、初心者は一つずつ取っていくことで十分な技術を身につけることができるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。一口にCADといっても、それを使う分野によって必要となる知識や技術は違います。あなたの仕事や興味にあったCAD資格を取得して、就職や副業などに役立てていきましょう。
CAD通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です