通信講座や人気資格サイト

レジンアートデザイナー口コミ評判

レジンアクセサリー

ハンドメイドが流行していますが、そのハンドメイドでできるもののひとつにレジンアートがあります。レジンアートというのは樹皮を型に流し込んで、UVライトに当てて固めたものです。主にアクセサリーなどに使われることが多く、女性には人気になっています。

趣味として始めることが多いハンドメイドですが、今ではそれを売ったりして収入を得ている人もいます。細かい作業が多いですが、好きだという方にはピッタリの趣味です。またハンドメイドの中でも比較的簡単なので、ハンドメイドで何か作ってみたいという方にはレジンアートから始めることもオススメします。そんなレジンアートをもっと極めたいという人は「レジンアートデザイナー」という資格を取ってみてはいかがでしょうか。

・レジンアートデザイナーとは

「レジンアートデザイナー」とは基礎的なレジンアートの作成の仕方についてはもちろん、自分好みのオリジナルのレジンを作った人におくられる資格です。日本デザインプランナー協会ではレジンアートは型にはまった作り方ではなく、自分オリジナルのレジンを作ることを重視しています。

それは個人としてレジンを作るとなったときに重要なのがオリジナル性だからです。もちろん、決まった形のレジンを作ることも重要ですが、レジンを自分で作れるということは自分や相手好みのレジンを作れます。店ではなかなか自分の欲しいレジンのアクセサリーがないとなったときに「レジンアートデザイナー」として資格をもっていれば、そのレジンを作ることができます。

そうして「レジンアートデザイナー」としての社会的地位を確立していくことが可能になっていきます。日本デザインプランナー協会ではそれをひとつの目的として掲げています。

・レジンアートデザイナー認定試験

「レジンアートデザイナー」の資格は日本デザインプランナー協会が行っている認定試験に合格しなければなりません。受験概要は以下の通りです。

受験資格:特にありません

受験料:1万円(税込み)

試験日程:偶数月20日~25日

受験方法:インターネットで申請し、在宅受験

合格基準:7割以上

試験は在宅での受験になっています。日程は決められていますが、試験の内容さえクリアできれば、見事「レジンアートデザイナー」の資格を持つことができます。

試験の内容は以下の通りです。

  • UVレジンの使い方、必要な道具・型
  • フレームを使った基本テクニック、フレームを自作する、シリコン型の使い方
  • ミール皿を使った基本テクニック、コーティングの仕方、プラ板+UVレジンのテクニック、粘土+UVレジンのテクニック
  • アクセサリーパーツの使い方、キーホルダー・ネックレス・ピアスなど

基本的なレジンの知識とスキルが一定以上あると認められれば合格できるようです。もし、趣味でレジンアートをやっているという人はぜひ挑戦してみてください。

・口コミ評価

レジンアートはハンドメイドの中でも人気のジャンルです。そのため、やっているのは女性が多いです。趣味としてオリジナルのアクセサリーを作っているという人や副業としてレジンを売っているという人もいます。そんな人にはぜひ日本デザインプランナー協会で「レジンアートデザイナー」の資格をとってみてはいかがでしょうか。
レジンアクセサリー  レジンアクセサリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です