通信講座や人気資格サイト

DIY資格人気ランキング

tsushinkoza

近年,テレビや雑誌などで数多く取り上げられ人気が爆発的に高まっているのがDIYです。

DIYとは住まいと暮らしをよりよいものにするために,自分自身の手で快適な生活空間や物を作ってしまおうというものです。

以前は「日曜大工」とも呼ばれ,男性が家具を手作りするものというイメージが強かったDIYですが,最近では100円ショップのアイテムに少し手を加えただけのリメイク雑貨やリメイクシートなどを張っただけの模様替えなど,お手軽なものまでDIYと呼ばれ,だれでも気軽に始めることができるようになりました。

そこで人気が高まってきているのがDIYの資格です。

気軽に始めたDIYの魅力に取りつかれ,もっと踏み込んだDIYをしてみたい,工具を使って本格的な作品を作ってみたいなどDIYをより深く学びたい方,今あるスキルを向上させ趣味を仕事につなげてみたい方などにぴったりの資格をランキング形式でご紹介したいと思います。

【1位】 DYI工作アドバイザー (日本生活環境支援協会認定)

DIYに対する一定以上の知識や道具の作り方などの基礎知識を有し,家具製作に精通し,家具製作のアドバイスもできる人に認定されるのがDIY工作アドバイザーの資格です。

自分のDIYの力量アップのためだけでなく,この資格を持っていれば自宅での教室開催やカルチャー教室などで講師の仕事が可能ですので,プロとしての活躍を目指す方にはぴったりの資格と言えます。

また,手作り商品の販売なども可能ですので副業とすることもできます。

資格試験は2か月に1度と頻繁に行われますので,自分の好きなタイミングで受験することができます。また,受験はインターネットで申し込みでき,在宅受験となりますのでお仕事をされている方や子育てなどで忙しい方も空いた時間を利用して受験することが可能なのも大きな魅力です。さらに受験資格に制限はありませんので,やる気さえあればどんな方でも挑戦することができます。

【2位】 日曜大工スペシャリスト (日本デザインプランナー協会認定)

一定の日曜大工に必要な知識を有し,道具の使い方,壁紙の張り方,棚や家具などの制作知識や各所の修理方法などを理解していることを認定するのが日曜大工スペシャリストの資格です。

日曜大工に特化したこの資格は,学んだ知識をそのまますぐに自宅作業に応用することができるため,DIYを仕事にするまでは自信がないけれど,自分のために作品作りを行いたいという方にぴったりの資格です。

試験では,リメイク術や100円ショップアイテムでの雑貨制作などについても問われますので,楽しく学習することができます。

この試験もDIY工作アドバイザー同様,2か月に1度の頻度で試験が開催されます。インターネットからの申し込みや,在宅試験が可能なことなども同様です。

どちらの資格も時間的な負担や交通費などの負担なく受験することが可能ですので高い人気をほこっています。

【3位】 DYIアドバイザー (日本DIY協会認定)

住まいの手入れや補修,修繕などを自分の手で行いたいと考える人に対して商品を紹介したり,材料や必要な工具のアドバイス・販売を行ったりするために商品に対する幅広い知識を持っていることを認定するのがDIYアドバイザー資格です。

この資格は上の2つの資格とは性質が異なり,ホームセンターや百貨店,工具専門店など専門的な業種にお勤めの方にむいた資格です。

受験資格には年齢制限があり,試験は年に1回行われます。出願して1次試験の学科試験を受験し,1次試験に合格すると2次試験の実技・面接試験に進むという内容となっています。受験料とは別に合格後の登録料,願書代,受験地までの交通費,諸費用などが必要ですので,金銭的な負担を覚悟しておく必要があります。受験地も東京,大阪,名古屋,福岡,札幌,仙台と指定がありますので遠方にお住いの方は受験地に行くまでが大変かもしれません。

また,DIYアドバイザーの資格有効期限は5年ですので,更新手続きが必要となります。

この資格は専門職以外の方には少し負担の大きな資格と言えるかもしれません。

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA