通信講座や人気資格サイト

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育

「食育」という言葉は、「食」や「健康」にちなんで生活のなかで使われてきましたが、特に2005年に食育基本法が成立してから、よりみなさんの生活に即した、親しみある言葉として広く浸透しました。

【食育健康アドバイザー認定試験】は、「食」のプロ資格を多数取り扱う、「日本安全食料料理協会」(JSFCA)の試験で、受験ののち、合格者に資格の認定を行っています。

なかでも【食育健康アドバイザー】は、日々健康に過ごすためや、予防医学の考え方を取り入れるために、自身や家族のために取得する方が多い、人気上昇中の資格です。

もともと、資格を取得するきっかけを考えると、転職や女性の再就職などのための学びを想定しますが、【食育健康アドバイザー認定試験】に関しては、ご自身や周りの人の健康や長寿、生活の質[QOL]の向上を願って、内容を重視して取得に臨む傾向が、年々強まっています。また超高齢化社会を見据えた社会背景からも、「食育」の重要性が拡大しつつありますよ。

それでは、【食育健康アドバイザー認定試験】の詳細を見ていきましょう。

“食育健康アドバイザー認定試験”口コミ評判 — 「食」のプロを輩出する、日本安全食料料理協会がバックアップ

【食育健康アドバイザー認定試験】は、ほかにも漢方コーディネーター認定試験[漢方資格]や、幼児食マイスター認定試験など、健康に根差した食関連の試験を始め、食品業界への就業や開業を視野に入れた、コーヒーソムリエ認定試験,カフェオーナースペシャリスト認定試験に至るまで、「食」に関する人気資格を複数取り扱う、「日本安全食料料理協会」(JSFCA)がバックアップしています。

どの認定試験も、年齢制限や受験資格を設けていないので、実力次第で資格を取得でき、自分の力で道を切り拓きたいと願うすべての方に対して、平等にチャンスを提供しているのが、「日本安全食料料理協会」(JSFCA)なのです。

“食育健康アドバイザー認定試験”口コミ評判 — 食育のプロになって、健康維持、仕事の充実を!

【食育健康アドバイザー認定試験】をはじめ、資格を取得したり、試験を受けるのは、仕事に繋げたい場合が多いですね。

ですが、【食育健康アドバイザー】については、「食育」と「健康」のために、純粋に知識を身に付け、誰かのために役立てることを目的として、取得を考える方が多いことを冒頭でお伝えしました。

現代社会は、70代を越えるご高齢者を自宅で介護したり、将来的に3人に1人はガンに罹患するケースを想定する必要があるなど、「健康」の重要性を考えずにはいられない社会です。

ご自身やご家族のために、食育健康アドバイザー認定試験を受けたいと考える方が増加傾向にあるのも、当然の流れと言えるでしょう。

また【食育健康アドバイザー】の資格は、アドバイザーとして仕事にも活かせる資格で、調理師、栄養士、看護師などの専門職の方も取得して、日々の業務に活かしています。

きっかけは何であれ、【食育健康アドバイザー】を通じて能力を開花させ、人生を豊かにできることに変わりありません。

“食育健康アドバイザー認定試験”口コミ評判 — 思い立ったときが、受けどき!?

【食育健康アドバイザー認定試験】は、「日本安全食料料理協会」(JSFCA)に受験申込みをして、在宅で受験できるシステムをとっています。もちろんどなたでも受験でき、やる気次第で仕事にも繋げられるので、実力のある方にぜひチャレンジしてほしい試験になっていますよ。

また受験のチャンスは年に6回!思い立ったときに受けられ、ご自身の予定との兼ね合いも、つけやすいですよね。

さらに受験料は、消費税込みで10,000円のみ。入会金が掛かったり、別途教材を申し込む必要もありません。試験会場まで出向く必要がないので、交通費や時間を掛けたり、受験地によって認定が制限されてしまうといった心配もないのです。

まとめ

このように、認定の体制が受験者の立場で考えられているので、取得を考える側の心理としても、安心して挑むことができますね。
気になった方は、情報をチェックしてみましょう!

お申し込み先・詳細 ▶ https://www.asc-jp.com/test/syokuiku/
食育  食育

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です