通信講座や人気資格サイト

音楽人気資格ランキング

音楽療法

今回ご紹介するのは音楽に関する3つの資格です。音楽を仕事にするというと、バンドやプロデューサー、アイドルが真っ先に浮かぶ方もいるかもしれませんが、今回は音楽を使って精神的な悩みやストレスを解決する仕事に役立つ資格です。さっそくみていきましょう。

1位 メンタル心理ミュージックアドバイザー

精神的なストレスや不安、過労などの心の問題に関する知識が十分にあり、音楽を利用してそれらの心理的な問題点を解消できる能力を持つ方は、メンタル心理ミュージックアドバイザー資格を取得することができます。この資格を取得するためには、まず第一に人間の心理についての深い理解が必要です。人間を多面的に考えて理解することで、それぞれの人が抱える心の問題点がわかるようになります。次に音楽が持つ癒しの力を使って、心の問題を改善して健康維持できるような知識と技術について学ぶ必要があります。この2つの知識と能力を合わせて使うことで、実際にストレスなどを抱えている人を、音楽によって改善に導くことができるようになります。この資格が認定している能力は、人によっては独学で勉強するのは難しいと感じるかもしれません。そんな方にオススメしたいのが「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格取得講座」です。この資格ではプライベートで聴いている音楽が、人の心理にどのような影響を及ぼしているか。音楽療法とはどのようなものなのか、といった知識もしっかり学ぶことができるため、これから音楽心理学について学びたいという方の良い教科書になるかもしれません。試験の受験料は1万円です。メンタル心理ミュージックアドバイザー資格はこちら

2位 音楽療法インストラクター

メンタル心理ミュージックアドバイザー資格よりも、もっと日常的に音楽が私たちに与える影響について学びたいと思う方は音楽療法インストラクター資格を受講してみると良いでしょう。この資格では、普段の生活にあふれている音楽により受けている影響に関する知識や、その重要性、そのような音楽の利用法等についての知識が問われます。この資格が取得できる能力を身につけた頃には、音楽を空間の一部として捉えて、より快適な生活を演出できるようになっていることでしょう。この資格に関しても、一から勉強するのが不安という方はメンタル心理ミュージックアドバイザー資格で紹介した「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格取得講座」を受講してみると良いでしょう。音楽療法インストラクター資格はこちら

3位 音楽療法士

音楽療法士として活動したいと考えている方は音楽療法士資格を取得する必要があります。音楽療法はここまでで説明してきたように、音楽の力によって精神的な問題を解決する療法のことです。これまでに、障害児に対する発達療法や認知症や高齢者に対する療法として取り入れられた実績があります。この資格を受験するために必要な条件は2種類あり、高校卒業後に日本音楽療法学会が認定している学校に入学するか、大学や短大を卒業後に2年半の講座を受けるか、のどちらかをクリアしている必要があります。医療の面から音楽を捉えたい、音楽で精神的な問題を取り除きたい、と考えている方は受講してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回紹介した音楽に関する資格は、どれも音楽を使って誰かを助けるという考えが根幹にある資格です。大好きな音楽で悩みを解消してあげたい、音楽の可能性をもっと知りたいと考えている方は、この機会にぜひ資格を取得してみましょう。
音楽療法  音楽療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です