通信講座や人気資格サイト

酒粕資格人気ランキング

酒粕は美容や健康に良いといわれていますよね。最近では、テレビや雑誌など、多くのメディアで酒粕に関する特集を見かけることも増えてきました。健康に気を遣うスポーツ選手やモデルなど、酒粕を取り入れている方も多いですよね。

注目度が高まっている酒粕ですが、その知識を持っていることを証明できる資格があるのをご存知でしょうか?資格を取得することで、より効果的な酒粕の取り入れ方、酒粕の栄養やもたらす効果など、さらに深い知識を身に付けることができます。飲食業界や美容業界の方はもちろん、酒粕を取り入れた暮らしをしたい方、健康・美容に興味がある方にもおすすめですよ。

今回は、最近話題の酒粕資格人気ランキング1位~4位をご紹介します。

1位 酒粕・糀マイスター

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している資格で、酒粕資格の中で特に人気がある資格です。

この資格を取得することで、ビタミンやミネラルなど酒粕や糀に含まれる栄養成分、疲労回復効果やアンチエイジング効果といった酒粕や糀のもたらす効果など、酒粕・糀について正しい知識を身に付けていることを証明できます。また、酒粕を使った料理、例えば肉料理や魚料理、野菜料理、スイーツなどの様々なレシピを知っていることも証明できます。

受験の申し込みがインターネットからできたり、在宅での受験ができたりするので、日々忙しい方でも気軽にチャレンジすることができますよ。

資格取得後は、酒粕・糀マイスターとして自宅やカルチャースクールなどで講師活動をすることができます。また、身に付けた知識を自分自身や家族の健康に活かすこともできます。

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

2位 酒粕美容健康アドバイザー

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している資格で、こちらの資格も人気がある資格として有名です。

この資格を持っていると、酒粕の栄養や酒粕の美容効果(シミ、シワ、にきびの改善など)について詳しい知識を持っていることを証明できます。また、酒粕を使ったパックや入浴剤の作り方など、美容や健康に効果的な酒粕の取り入れ方について理解していることも証明できます。

受験資格は特にないので、酒粕や美容に少しでも興味があったら、気軽に挑戦してみてもいいかもしれませんね。

資格取得後は、身に付けた知識を飲食や美容関係などの仕事に活かすことができます。また、酒粕美容健康アドバイザーとして講師活動をすることもできます。

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

3位 糀食マイスター

日本ナチュラルビューティスト協会の認定講座を受けることで取得できる資格です。

この資格を持っていると、発酵食品と酵素の関係、発酵食品の種類、糀食の歴史、糀食の取り入れ方など、糀についての知識を持っていることを証明できます。また、マクロビオティック、ナチュラルダイエット、薬膳、ローフード、発酵食など、様々な食事方法について理解していることも証明できます。

資格取得後は、糀食マイスターとして自宅やなカルチャースクールなどで講師活動をすることができます。

受講料:59,800円(税込)

4位 糀マイスター

一般財団法人日本糀文化協会の講座を受けることで取得できる資格です。糀マイスターとして現役で活躍するプロから糀の基礎や発展的な知識を学べると評判があります。

糀マイスターには基礎コースと上級コースの2つのコースがあるのが特徴で、上級コースを受けるためには基礎コースを修了しておく必要があります。

料理関係の仕事のスキルアップを目指す方、オーガニック食に興味がある方、糀のある暮らしに興味がある方、日本の文化や歴史に興味がある方など、多くの方におすすめできる資格です。

資格取得後は、糀マイスターとして講師活動をしたり、身に付けた知識を自分自身の生活に役立てたりすることができます。

基礎コース受講代:136,800円(内訳:入会金10,800円/高座量126,000円)※テキスト代、テスト代など含む

上級コース受講代:69,000円 ※協会認定講師登録料10,000円

受験地:千葉県柏市

いかがでしたでしょうか?酒粕に関する資格には色々ありますよね。しかし、いざ資格にチャレンジしようと思うと、どれを選んだらいいか分からなくなることもあるのではないでしょうか。そんな時は、「酒粕・糀マイスター」か「酒粕美容健康アドバイザー」のどちらかを選ぶといいでしょう。この2つの資格は、酒粕資格の中でも特に人気がある資格なのでおすすめですよ。どちらも在宅での受験が可能なので、気軽に挑戦することができます。

もし酒粕に興味が出てきたら、是非この機会に資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。