通信講座や人気資格サイト

カラーセラピー資格自分色を見つけてハッピー

カラー色彩

人は無意識のうちに色々な固定観念にとらわれ自分を見失ってしまうということが起こります。自分を見失うことが体調に不調をきたす原因になることも多々あります。そんな時に的確に自分を捉えることができるだけ凄く心も体も楽になるということがあります。今回は自分を的確にとらえるヒントを与える手法「カラーセラピー」についてその内容とカラーセピストになるための道についてお伝えします。

カラーセラピーとは

色には多種多様な意味があります。自分が選ぶ色にもその色を選ぶあなたの心の内側があらわされていることになります。カラーセラピーとは色を通じて自分の気持ちや望み、自分では気づけていない「心の声」に気付くことにより感情と思考のバランスを整えること促すカウンセリグ手法の一つになります。

カラーセラピストになるには

カラーセラピストとして活躍するには、ほかの専門職業とおなじように専門的な知識が必要になってきます。専門的な知識を得て独立開業するのが一般的なカラーセラピストが歩む道になります。専門的な知識を得るために通常の方法として資格取得を目指すパターンが一般的になります。カラーセラピーに関する検定試験としては日本アロマメディカル心理セラピー協会のカラーセラピー認定試験と日本インストラクター協会が主催する色彩インストラクターや日本デザインプランナー協会が実施するカラーアドバイザーなどの資格があります。これらの試験に合格するためにいくつかの専門のスクールでは講座を開講しており、スクールを活用して体系的に学べ、資格も取得できる体制が出来ています。また、通信教育による通信講座を開講しているスクールもありますので、隙間時間を利用した勉強が可能になります。なお、スクールの選択にあたっては満足度ランキングや、口コミ、評判などを比較しながら自分にあったスクールを見つけて貰えればと思います。

カラーセラピストとして信頼を得るために

カラーセラピーに関する知識を得てもあなたのカウンセリングを受けてくれる方がいないとせっかく勉強して得た知識が台無しになってしまいます。カウンセリングを受けてくれる方を獲得し、信頼を得るにはまずはお客様と真摯に向き合う姿勢が必要になります。初めのうちは儲けを度外視してでも、時間をかけてお客様と向き合うことを意識したほうが良いでしょう。また多くのセラピストはカウンセリングだけではなく、教室をひらいて養成講座を行ったり、グッズを販売して生計を立てていきますので、信頼獲得によりビジネスの幅も広がって行くことになります。

カラーセラピストとして活躍するには

人気のカラーセラピストになりたいという方はカラーセラピーだけではなく、心理学などの幅広い知識を得る必要があります。他の分野の視点からカラーセラピーを観察することによってまた違った世界が広がり、あなたしかできないカウンセリングを行うことができるようになるはずです。

まとめ

カラーセラピーによるカウンセリングを受ける方はまだまだ多くはないですが、だからこそポテンシャルの高い職業になります。それになにより、あなたのカラーセラピーを受けたことにより人生の素晴らしい一歩を歩まれるお客様がいることを想像すればこんなにやりがいのある仕事はないと思えるはずです。
カラーセラピー  カラーセラピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です