通信講座や人気資格サイト

絵画インストラクター認定試験口コミ評判

デッサン資格

絵画は、鑑賞することでも、描くことでも、学ぶことでも楽しむことができます。学ぶことに興味を持った人におすすめの絵画インストラクター認定試験についてご紹介します!

絵画インストラクター認定試験とは?

絵画インストラクター認定試験は、日本インストラクター協会が実施している資格試験です。「デッサン、スケッチの様々な技法や各種類の道具の的確な使用方法などの知識や技巧を持つ人。講師活動ができる人。」と認定してもらえるということ。

どんな知識や技術を習得できるの?

絵画インストラクター認定試験に向けて勉強する内容の例は、下記となります。

・モノクロへの置き換え

・面について

・パプリカを描く

・構図、材質感について

・カサブランカを描く

・人体について

・顔を描く

・4つの基本形(幾何形体)を描く

・透視図法について

・形の心理的作用について

・風景を描く

絵画に関する専門的な知識を得ることができそうですね。

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。

試験は偶数月に行われ、246、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

口コミや評判が気になる!

絵画インストラクター認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「ボランティアで、絵を描くのが好きな高齢者や障害者との触れあいがあり、趣味の時間に絵画についての知識を学んでみたいと思いました。」

「ストレス解消のために、絵画に関する知識について学んでみたいと思い興味を持ちました。」

本格的な学校へ行かなくても趣味レベルで学ぶことができる気軽さで、資格取得のための勉強に興味を持っている様子が窺えますね。

絵画に関する知識の魅力

大人の塗り絵のブームがあったように、趣味レベルで芸術に触れる機会を望む人も多くいるのではないでしょうか。誰でも美術館へ足を運ぶことができるように、絵画についての知識も興味を持ったときにいつでも学ぶことができます。

絵画では自分の創造性を表現することが可能ですが、基本的な知識を得ることでより満足のいく作品を描くことができるようになるでしょう。学ぶことで知的好奇心を満たすことができ、描くことで表現する楽しみを得ることが可能となります。

まとめ

新しいことにチャレンジすることは、年齢を問わず誰にでもできることです。好きなことをきっかけにして新しいことを学んでみることもその方法のうちの一つです。集中して学んでいる間は、日常の雑事を忘れることができるためストレス解消にもつながります。絵画に関する知識に興味のある方は、絵画インストラクター認定試験を検討してみてはいかがでしょうか。
デッサン資格  デッサン資格