通信講座や人気資格サイト

紅茶人気資格ランキング

紅茶

紅茶が好きで、将来は自分のカフェを持ちたい。あるいは純粋にもっと美味しい一杯を入れたい。そんな皆さんは紅茶に関する資格を取得して、今の紅茶ライフから一歩踏み出してみませんか。今回ご紹介するのは数ある紅茶系資格の中から選んだ紅茶資格ランキング5選です。いったいどのような資格があるのでしょうか。早速見ていきましょう。

1位 紅茶アドバイザー

紅茶は茶葉の種類や入れ方によって美味しさが左右されますが、その基礎となる知識を保有していることを示すのが紅茶アドバイザーの資格です。試験は紅茶の効能、生産地と種類、茶葉の製法やグレードといった知識の他に、カップとソーサー(受け皿)などの器具に関する知識や、オリジナルブレンド作製に関する知識なども問われます。受験料は一万円で、資格取得後は紅茶の専門学校などで講師として働くこともできるようです。紅茶アドバイザー資格はこちら

2位 紅茶マイスター

紅茶オーナーとして将来働きたい、将来は自分のお店を持ちたいと考えている人が取得しておくべき資格が紅茶マイスター資格です。この資格は、紅茶を提供するお店の開業方法や運営の基礎知識の他に、マーケティング戦略やお店の内装や設備に関する知識が問われます。いずれも運営に関する知識であるため、紅茶のお店を持ちたいという方は紅茶アドバイザー資格も合わせて取得しておくことをオススメします。紅茶アドバイザーと同様に、受験料は一万円で、資格取得後は紅茶の専門学校などで講師として働くこともできるようです。紅茶マイスター資格はこちら

3位 ティーインストラクター

日本紅茶協会が発行している紅茶の資格がティーインストラクターです。この資格は日本紅茶協会が用意している1年間の養成研修を受講し、試験に合格すると取得することができます。研修では紅茶の入れ方などの基礎的な部分に加えて、実際の紅茶製造やティーティスティングも体験することができます。非常に実用的な資格となっていますが、試験の受講料が30万円近くかかることもあり気軽に挑戦することは少し難しいかもしれません。

4位 紅茶コーディネーター

紅茶に関する知識の他に、よく合うお菓子や料理なども学べるのが紅茶コーディネーターの資格です。こちらもティーインストラクター資格と同様に9ヶ月間の養成講座を受ける必要があり、その研修中に一流の専門家による指導を受けることができます。ティーパーティーのセッティングや上述したようなティーフードの作り方など、紅茶をより楽しめるような演出も学ぶことができるため、趣味で紅茶を楽しみたいという方にオススメです。ただし注意しておきたいのが、講習が通信講座であることと、受講料が6万円ほどかかるので、きちんと自分がやりたいことを明確化させてから受講するようにしましょう。気になる方は無料資料請求をしてみると良いでしょう。

5位 ティーコーディネーター

紅茶の歴史や文化などの他に、ティーパーティーや日本茶、ハーブなどについても学べる資格です。こちらもティーインストラクターと同様に講座を受けることを前提とした資格になっています。1つ5000〜15000円の講座を15個以上受ける必要があるため、気軽には受講し難い資格かもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。紅茶は種類や入れ方以外にも、文化やパーティーなど多くの知識があります。あなたの目的にあった資格を取得して、有意義な一杯を楽しみましょう。
紅茶  紅茶

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です