通信講座や人気資格サイト

紅茶マイスター認定試験口コミ評判

紅茶

紅茶を扱う店のオーナーに憧れたことはありますか?お客として、素敵な紅茶専門店で楽しむだけでも十分に紅茶の魅力に触れることができますが、オーナー視点での知識を持つことで、将来の夢に向けて新しい世界を広げる機会を持つことができるかもしれません。

紅茶オーナーとしての知識を勉強する紅茶マイスター認定試験がどんな手順で取得できる資格なのか、早速ご紹介していきますね!

紅茶マイスター認定試験とは?

紅茶マイスター認定試験は、日本安全食料料理協会が実施している資格試験です。「紅茶オーナーの知識を持ち、その知識を実務活用できる技能を有している人。カルチャースクールで講師活動できる人。」と認定してもらえるということ。

どんな技術を習得できるの?

紅茶マイスター認定試験に向けて勉強する内容の例は、下記となります。

・マーケティングの基礎知識

・開業や運営の基礎知識

・紅茶の商品とサービス

・マーケティング戦略

・ティールームの企画と計画

・ティールームの内装や設備

紅茶オーナーとして働くためには、ただ好きなだけではなく経営的な視点での知識も必要となります。失敗しないために知っておきたい基礎知識をしっかり学ぶことができそうですね。また、ティールームの内装など、楽しく学べる内容も含まれているようです!

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。

試験は偶数月に行われ、2、4、6、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

口コミや評判が気になる!

紅茶マイスター認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「テーブルコーディネートの講師をしているので、スキルアップのために勉強してみることにしました!」

「将来、紅茶を扱うカフェを開業したいと思っているため、楽しみながら学んでみるつもりです。」

講師活動に活かしたり、将来の開業に向けての知識として役立てたりすることを考えるケースがあるようですね!

紅茶の魅力

紅茶に、優雅なイメージを持つ人も多いことでしょう。実際に、紅茶専門店は素敵な雰囲気作りをされていることが多いですよね。

また、リラックスタイムとして、日常で紅茶を上手に取り入れている人がいます。カフェインを上手に摂ることで、集中力を高めて勉強や仕事に役立てる人もいます。身近にも、そして特別なものとしても楽しむことができる、そんな紅茶の魅力にはまるのは自然なことかもしれませんね。

まとめ

紅茶は、知識がなくても純粋に楽しむことができます。しかし、紅茶の知識を深めてさらに生活に役立てたい、将来の夢につなげたいと思う人もいるようです。そんな望みを持つ人にオススメなのが紅茶マイスター認定試験です。資格選びの参考にしてみてくださいね!
紅茶資格  紅茶資格

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA