通信講座や人気資格サイト

紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

紅茶

紅茶との付き合い方は人それぞれですね。外食をしたときに「食後はコーヒー、紅茶、どちらになさいますか?」と聞かれて選ぶ程度という人もいれば、自宅でお気に入りの紅茶を楽しむ習慣のある人もいます。実は、紅茶の世界は奥深いものです。紅茶について学び、人にアドバイスすることができるようになる紅茶アドバイザー認定試験について、ご紹介します!

紅茶アドバイザー認定試験とは?

紅茶アドバイザー認定試験は、日本安全食料料理協会が実施している資格試験です。「紅茶の茶葉の種類やカップ&ソーサー、淹れ方、ブレンドなどの知識を保有している人。」と認定してもらえるということ。

どんな技術を習得できるの?

紅茶アドバイザー認定試験に向けて勉強する内容の例は、下記となります。

・紅茶の茶葉の種類

・紅茶の等級や生産地

・紅茶の製法

・紅茶の効能

・紅茶の淹れ方

今まで知らなかったような種類も含め、新しい紅茶についても学ぶことができそうです。正しい淹れ方ができていたかどうかを再確認でき、効能を知ることでより美味しくじっくりといただくことができるようになりますね!

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。

試験は偶数月に行われ、2、4、6、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

口コミや評判が気になる!

紅茶アドバイザー認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「紅茶が好きで、長い間楽しんできました。紅茶の世界にもっと近づきたいと思い、資格取得にチャレンジしたいと考えました。」

「将来紅茶専門店を開業したいと考えていて、紅茶の知識を深めるために勉強しようと思っています!」

紅茶は身近で楽しめるものですが、より深く紅茶と付き合っていきたいと考えている人に向いている資格のようですね!

紅茶の魅力

紅茶は、イギリスの貴族社会で人気のある飲み物でした。その後一般の人にも広まり、紅茶市場は拡大の一途を辿ります。日本に紅茶が初めて輸入されたのは1887年のことでした。緑茶やコーヒーとともにメジャーな飲み物としての位置を確立したことは周知の通りです。

紅茶にはポリフェノールが含まれ、抗酸化作用による効能が体に良いと言われています。体の中の過剰な活性酸素による酸化を防ぐ大事な働きをもたらすためです。美容に関心のある人々にとって抗酸化は大変魅力のあるワードとなっています。砂糖を入れすぎないという点に気を付けることが前提となるものの、ダイエット効果があることも紅茶の大事な効能。茶カテキンに糖分分解酵素の働きがあるためです。

まとめ

身近な飲み物でもある紅茶ですが、種類も多く、贈答用としての役割も果たすほどグレードの高い紅茶も存在します。紅茶に親しみながらも、それ以上の知識を持ちたいと興味を持った人にオススメの資格ではないでしょうか。今回の知識を、資格選びの参考にしてみてくださいね!
紅茶資格  紅茶資格

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA