通信講座や人気資格サイト

空間デザイン人気資格ランキング

空間デザイン

今回ご紹介するのは空間デザインに関する4つの資格です。インテリアに興味があるという方は多いと思いますが、インテリアだけではなく空間全体の演出方法を知っていることで、より効果的なインテリアデザインができるようになります。現在すでに空間デザインを仕事にしているという方は、資格を保有することでお客様からの信頼を得ることができるでしょう。少しでも興味のある方は是非とも、これらの資格に挑戦していただきたいものです。それではさっそく見てみましょう。

1位 空間ディスプレイデザイナー

空間の演出ができる能力がある方は、空間ディスプレイデザイナー資格を取得することができるかもしれません。この資格は2つの級に分かれていて、2級では空間演出の基礎である色や、照明等による演出に関する知識が問われます。1級では2級の知識に加えて、さらにディスプレイと売り場演出の知識が実務レベルであるかどうかが問われます。空間ディスプレイデザイナーは1級まで取っておくと、アパレル系やデザイン系他、様々な分野で役立つので、興味のある方は是非とも取得しておきましょう。空間ディスプレイデザイナー資格はこちら

2位 住空間収納プランナー

住空間を快適にしたい、または快適な空間の提案を仕事にしたいと考えている方は住空間収納プランナー資格の取得を検討してみましょう。こちらの資格は3級構成になっていて、ベーシック資格では、住まいや環境などの幅広い知識を深く問われます。エキスパート資格では、より科学的な知識をもとに住環境の提案を行えるような知識、マスターで資格では教育機関で講義ができるだけの技術と知識が問われます。プランニングを仕事にしたいと考えている方はエキスパートかマスターを、自分の身の回りの環境を快適なものにしたいと考えている方はベーシック資格を取得してみると良いでしょう。

3位 TALK食空間コーディネーター

空間のコーディネートの中でも、食空間に興味があるという方はTALK食空間コーディネーター
資格を取得してみましょう。この資格が目指すのは、日本の食卓と食空間を快適にして、暮らしを豊かにすることです。資格取得後は、食空間のプロフェッショナルとして、ホテルやレストラン、インテリア業界で身につけた知識などを役立てることができるかもしれません。こちらの資格も3級構成となっているので、難易度の易しい順番で受験して、食空間のコーディネートやテクニックに関する知識を確実に身につけていきましょう。

4位 空間プランナー

住宅系やインテリア系の業界で働いている方や、これから働きたいと考えている方は空間プランナー資格を取得してみませんか。この資格では、インテリアや住環境のコンサルティングや、室内環境などの基礎知識・専門的知識を保有しているかどうかが問われます。ただし、この資格を取得するためには、資格を発行している協会が定める教育機関での全カリキュラムを取得している必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。空間デザイン系の資格は、インテリアを扱った業界や建築系の業界から注目を集める資格ですが、一方で他の業界やプライベートでも大いに役立つ知識や能力です。これからインテリア系の業界で働くという人も、全く別業界で働いている人も、興味のある方は是非とも資格を取得してみましょう。
空間デザイン  空間デザイン

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です