通信講座や人気資格サイト

福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

福祉

「福祉心理アドバイザー」には認定試験があります。日本インストラクター協会が実施している認定試験を受けて一定以上の評価をもらうことで資格が認定されます。人にものを教えるというのはやはり難しいものです。特に心理学などの難しいジャンルのものは人によってとらえ方が違う場合もあります。それをどう教えていくのかが大切です。独学でも勉強するのは可能ですが、認定試験を受けて合格を頂いた方が自分のためにも相手のためにもいいと思います。今日はその福祉心理アドバイザー認定試験についてご紹介します。

・福祉心理アドバイザーとは

「福祉心理アドバイザー」とは福祉の現場において必要となるカウンセリングの知識を持ち、教育者としての活動が可能な人のことを指します。カウンセラーとは違い、こちらの資格は人に教えることができるかどうかが重要になります。
カウンセラーの場合、患者として人と接することになりますが、アドバイザーとなると心理学を教えるために人と接することになります。なので、やり方が全く違います。教室を開きたいという人やセミナーとして人に教えることになったという人はどのように人に教えていくかを考えなければなりません。
日本インストラクター協会では教える力を中心とした各スキルが一定以上であることを認定する試験を行っています。その認定試験の一つに福祉心理アドバイザーがあります。独学ではやはり身についたかどうかもわかりませんが、この試験に向け、勉強し、認定されれば自分に教える力があることがわかります。また、この資格を持っていれば、自分が教育者として認められやすいと思います。

・福祉心理アドバイザー認定試験

日本インストラクター協会では、資格認定制度というものを実施しています。独学でさまざまなジャンルの勉強を行うことは可能ですが、それを社会で使うとなった場合に資格があると便利です。インストラクター協会ではそれを教える立場のインストラクターに対しての認定試験を行っています。その一つに「福祉心理アドバイザー」があります。
では「福祉心理アドバイザー」の認定試験についてみていきましょう。

受験資格:特にありません

受験料:1万円(税込み)

試験日程:偶数月20日~25日

受験方法:インターネットで申請し、在宅受験

合格基準:7割以上
受験資格は特に必要ありませんので、心理学を学んでいないという人でも受けることが可能です。また受験料も1万円と安く、在宅受験になっていますので、費用があまりかかりません。試験の日程は1年に6回ほど行われており、すぐにでも受けることが可能です。時間がないので早く受けたいという人にはいいと思います。

・口コミ評判

では福祉心理アドバイザーの試験を受けた人の評判は

『高齢者のニーズを今までよりも理解できるようになった』

『これからもっとたくさんの笑顔が見られるようにアドバイスしたい』

ときちんと資格が役に立っていることが分かります。
心理学という部門は難しいイメージもありますが、きちんと勉強して資格を取ることができれば、仕事できっと役に立てるものだと思います。今まで以上にお客さんのことを理解したという福祉関係の方にはぜひおすすめしたいと思います。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です