通信講座や人気資格サイト

知らず知らずにCADが上達しちゃう方法の伝授!!

cad

CAD(computer aided designの略)とはコンピューターで設計支援をすることを言います。CADと聞くと設計や建築業界プロが使うものというイメージがあります。一般の方にはなかなか馴染みのないCADです。しかし、自宅の設計図や犬小屋の設計などに活用すると一般のかたでもとても重宝するものになります。エクセルやワードを使うようにCADを使えるようになると仕事や趣味の幅が広がることになります。今回は全くの初心者がCADを習得するためにはについてお伝えして行きたいと思います。

CADソフトウェアについて

CADというと一昔前とても高額で仕事で使う以外は購入を考えることはまずありませんでした。CAD
主流としては、JWCADと世界標準のCADメーカーautodesk社が販売するAUTOCADがあります。JWCADはフリーソフトなので誰でも簡単にCADを使うことができます。また、AUTOCADも16万前後で購入することができ設計事務所などにおいてはCADを使えないとやっていけないほど普及しています。

CADの知識を身につけるには

CADの知識を身につける方法として効果的なのが検定試験や資格試験を受けることです。第三者機関に自分のスキルを判断してもらうことにより、自分のレベルを理解することもできますし、なにより目標ができるため勉強意欲も湧いてきます。オススメの試験としては日本デザインプランナー協会が主催する「CADデザインマスター」と日本インストラクター協会が主催する「建築CADインストラクター」があります。これらの試験に合格するための専門のスクールも充実しています。スクールを活用することにより体系的にかつ効果的に知識を習得することが可能となっています。時間の余裕がない方には通信教育による通信講座を開催しているスクールもあります。これらのスクールのなかから満足度ランキングや口
コミや評判、人気などを比較しながら自分にあったスクールを見つけるといいと思います。
CAD資格

知識を深める

試験に合格してもそのスキルを活用しなければ宝の持ち腐れになります。しかし、仕事で使っている人以外はなかなか活用する機会に恵まれないとおもいます。そんな方はぜひ積極的に人に教えるということをされるといいと思います。自宅で教室を開いて見たり、専門の家庭教師として登録して見ることをお勧めします。また、在宅ワークでCADをつかった簡単な仕事を請け負うのも一つです。それでも、やはり人に教えることが一番知識と理解を深めることにつながります。CADを使いこなせるようになりたい方には以上述べてきたことを実践することによって自然と思いのままに使いこなせるようになっているはずです。

まとめ

CADを使いこなせるプロになるには設計事務所に働かないと無理だろうと考えられていた方も多いと思います。しかし、工夫と努力によって誰でもその領域を目指すことができるのです。世の中には便利なものが溢れています。その便利なものを使わないなんてもったいない。皆さんもぜひチャレンジしてみてくださいね。
CAD通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です