通信講座や人気資格サイト

盆栽資格人気ランキング

盆栽

以前はお金持ちやお年寄りの趣味のイメージの強かった盆栽。
最近ではミニ盆栽や苔玉などおしゃれで、簡単に楽しめるものも増えてきており、若者人気が高まってきています。
嵐の松本潤さんも盆栽に注目されているようで、テレビで「盆栽は大きな世界を小さな植木鉢の中に集めたアート。思い通りの形にするのに60年くらいかかるため、自分が作ったものなのに、自分が見られない美がそこにある。」と熱く語られていました。
そんな深い魅力のたくさん詰まった盆栽にも多くの資格があります。資格取得を目指して、本格的に盆栽を学んでみませんか。

【1位】盆栽クリエイター

盆栽の歴史や樹種の知識、盆栽の手入れの仕方など、盆栽の基本的な知識を有していることを認定されるのが盆栽クリエイター資格です。
趣味のスキルアップはもちろんですが、盆栽の選び方や買い方などについても学ぶことができるため、園芸ショップやフラワーショップなどにお勤めの方も仕事の幅を広げるのに役立つことでしょう。
資格認定後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍することも可能です。
認定団体…日本デザインプランナー協会

受験資格…特になし

受験料 …10,000円(税込み)

受験申請…インターネットによる申し込み

受験方法…在宅受験

合格基準…70%以上の正答率

受験日程…2か月に1回(偶数月)

【2位】苔玉作りインストラクター

苔玉の作り方や使用する道具などについての十分な知識を有することを認定されるのが苔玉作りインストラクター資格です。
これは盆栽の中でも、苔玉作りに特化した資格です。
最近ではおしゃれな雑貨屋などでも苔玉がインテリアとして扱われることが増えてきました。苔玉は人気の多肉植物を植える土台としても使われるようになり、部屋に置いていてもおしゃれでお手入れが簡単なことから、若い女性を中心に人気が高まっています。
そのため、苔玉作りを指導することのできる人への需要も高まっており、人気の資格となっています。

認定団体…日本インストラクター協会

受験資格…特になし

受験料 …10,000円(税込み)

受験申請…インターネットによる申し込み

受験方法…在宅受験

合格基準…70%以上の正答率

受験日程…2か月に1回(偶数月)

【3位】盆栽士

盆栽の基本的な知識や盆栽作りに関わる技能、病害虫の防除方法などを十分身につけていることを認定されるのが盆栽士資格です。
通信講習を受講し、各単元が終わるごとに課題の提出が求められます。そして、全ての学習が終了したところで実技課題を提出し、合格すると資格認定となります。
植木職人を目指す方や植木屋の独立開業を考える方におすすめの資格です。

認定団体…日本園芸協会

受講資格…特になし

受講料 …約5万円程度

受講申請…インターネットによる申し込み

受講方法…在宅受講

合格基準…講師による作品判断

【まとめ】
数千円のものから、億を超えるものまで存在する盆栽。
高価なものは購入をためらうでしょうし、せっかく購入した盆栽も手入れを怠れば病気になったり、形が崩れてしまったり。
盆栽の美しい姿を維持するためには費用も技術も必要です。そんな盆栽を自ら作成できたり、剪定できたりしたらなんと素敵なことでしょう。
ぜひ資格を取得して、盆栽を長期的な趣味として楽しんでみませんか。
盆栽資格  盆栽資格

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA