通信講座や人気資格サイト

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

tsushinkoza

犬も人間の子どもと同じで、しつけを間違えると後々大変なことになってしまうかもしれません。ですが、しっかりしつけられた犬はその生を全うするまで人間のよきパートナーとなってくれるはずです。もしも犬のしつけに興味があり仕事にしてみたいなら、資格を取ってしつけの方法を学んでみてはいかがでしょうか。ドッグトレーニングに関する資格は以下のものがあり、人気順に紹介してゆきます。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

https://www.nihonsupport.org/shiken/dogtraining/

「日本生活環境支援協会(JLESA)」が主催する資格で、ドッグトレーニングの基礎を学べる資格です。日常の中での犬のしつけ方を中心として、確実に訓練手順を学べる資格となっています。資格取得後はカルチャースクールなどで活躍が見込めるはずです。

受験は自宅で行い、偶数月に試験が行われるという受けやすい受験形式になっています。勉強方法に不安を覚えるなら、「諒設計アーキテクトラーニング」による資格取得講座(https://www.designlearn.co.jp/dogtraining/)を利用する方法があります。この講座は下記の犬のしつけインストラクターの資格とのダブル取得を目指すことができ、最短2ヶ月という短い時間で合格のための知識を身につけることができます。必ず資格取得したい方におすすめです。

2位 犬のしつけインストラクター

https://www.jpinstructor.org/shikaku/dog/

「日本インストラクター協会(JIA)」が主催する資格で、犬のしつけ方と指導方法を学ぶことができる資格です。扱う内容は犬へのしつけだけではなく、動物病院やトリミングショップなどの施設での過ごし方といったマナー分野にも触れたものとなっています。

この資格は在宅受験で試験を実施しているため、時間が取れなくても安心して受けられます。偶数月に試験が行われるので、都合の良い時期を選んで受験できる点も忙しい方に向いていると思います。

「諒設計アーキテクトラーニング」では上記のドッグトレーニングアドバイザーと一緒に資格取得できる講座が開かれています。もしも確実に試験に合格したいならば、利用してみてはいかがでしょうか。

3位 家庭犬トレーナー

http://www.dogtraining.or.jp/license/index.html

「一般社団法人 国際家庭犬トレーニング協会(IDTA)」が主催する資格です。この資格は犬と人間の絆を築き上げることを目指して、トレーニング技術や犬の行動心理を学ぶ内容となっています。

家庭犬トレーナーの資格は1級と2級の二種類があります。2級は講習会への出席および添削課題の提出を行ったのちに筆記および実技試験を行い、合格すれば資格が認定されます。1級を取得するためにはまず2級に合格する必要があり、同じように筆記試験と実技試験を行います。

勉強方法については、協会が頒布するテキストおよびDVD、ならびにWEB授業があります。教材としては十分な量だと思いますので、わからないところは質問しつつ勉強を進めてゆきましょう。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

http://j-csa.org/license.html

「日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)」が主催する資格で、犬のトリミングについての知識および技能が問われる資格になっています。トリマーの仕事の中では犬の気持ちを理解しなければいけない状況もあるため、ドッグトレーニングと通じる部分もあると思います。

試験は年一回行われ、マスターライセンスとインストラクターライセンスの二種類があり、インストラクターライセンスはA~C級の三種類が存在します。インストラクターライセンス取得のためにはマスターライセンスの取得が必要であり、マスターライセンス取得のためには「日本ケンネルカレッジ」で開かれている養成専門講座の履修が必要です。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

http://j-csa.org/license.html

「日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)」主催の資格で、主に犬のしつけについての知識および技能が問われる資格です。この資格を取得すれば、これからのペット共生社会の担い手の一員としてふさわしい技能を身につけられるでしょう。

この資格も試験は年に一回の実施で、マスターライセンスとインストラクターライセンスの二種類が存在します。インストラクターライセンスはA~C級の三種類に分かれています。インストラクターライセンス取得のためにはマスターライセンスの資格取得が必要であり、マスターライセンス取得のためには「日本ケンネルカレッジ」で開かれている養成専門講座の履修が必要です。

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です