通信講座や人気資格サイト

漢方コーディネーター認定試験口コミ評判

漢方薬膳

漢方は昔から人の体に良いとされてきました。古来より中国で作られてきた漢方ですが、今では日本でも様々な漢方薬があります。しかし、漢方は専門的なことが多くて、一般的に知識がある人は少ないです。どちらかというと企業で独自に漢方が使用されているので、私たちは漢方という意味は分かっていても実際にどんな漢方が使われているのかはわかっていない部分が多いです。しかし、今それが個人でも勉強できるようになっています。またそれを使った「漢方コーディネーター」という資格も存在しています。今回はその「漢方コーディネーター」についてご紹介していきたいと思います。

・漢方コーディネーターとは

そもそも「漢方コーディネーター」とは漢方に対する基本的な知識、独自の診断方法などに理解が一定以上あると認められた人に与えられる資格です。ひと前なら、漢方は中国もしくは企業が独自で開発していました。しかし、現代では多様な趣味を持つ人が増え、その中の一つに漢方があります。
難しいイメージのある漢方はやはり人が直接薬として体内に取り込むので、独自に勉強しても人でも人には試さないという方がほとんどでしょう。しかし、この資格では漢方の知識はもちろん、診断方法や使い方までを一定以上理解できるかどうかがわかるものです。もし、合格することができれば自分のスキルにも自信が持てますし、人への処方もできるようになります。

・漢方コーディネーター認定試験

「漢方コーディネーター」の認定試験は日本安全食料料理協会が行っている認定資格制度の一つです。日本安全食料料理協会では食や料理を通して、食育の社会的地位の確立を図ること、用途や目的に応じて、食文化の有効活用を行うことができる人材の育成を目的としています。
漢方コーディネーター認定試験の概要は以下のようになっています。

受験資格:特にありません

受験料:1万円(税込み)

試験日程:偶数月20日~25日

受験方法:インターネットで申請し、在宅受験

合格基準:7割以上
偶数月に試験がありますので、いつでも受験ができます。在宅での受験なのでわざわざ会場などに足を運ぶ必要がありません。試験のレベルとしては漢方の基礎知識、気・血・水、養生と四季、漢方の歴史、五臓六腑、漢方薬の特徴、漢方の思想、漢方の診断方法、漢方の使い方などの知識が基礎的に理解できていれば合格できるようです。
つまり、勉強をして基礎的な知識をもっていれば試験には受かりやすいということです。おそらく始める人は誰でも漢方のことを知っているというわけでもありません。みんなが一から初めて漢方に関することを覚えてから試験に臨んでいると思います。もし、取ってみようという気がある人がいればぜひチャレンジしてほしいと思います。

・口コミ評判

「漢方コーディネーター」を受験している人は健康を気にしている女子や主婦、もともと体が弱かった人が多いようです。最近ではずっと健康ブームが続いていますし、その一環として漢方にも目を向けられることが多くなってきています。
『以前から漢方や薬膳に興味がありました。今回この講座を受講できたことで漢方や薬膳に詳しくなり、家族の健康にも貢献できるようになりました』
『薬膳や漢方は、巷にあふれていますが、イマイチ特徴が分からなかったのですが、詳しく種類や効能を知ることができ、大変うれしく思います』
口コミでも興味があって始めたという人が多いようです。もともとよくわからなかったという人でも詳しく種類や効能も知ることができるようです。少しでも興味を持っているという人は受けてみてはいかがでしょうか。
漢方・薬膳  漢方・薬膳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です