通信講座や人気資格サイト

温泉観光資格人気ランキング

温泉

温泉を旅行の楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。あったかいお湯につかってのんびりする心地よさはたまらないものです。旅先で、あるいは近所の温泉につかる楽しみを資格でもっと増やしてみてはいかがでしょうか。知識があればより温泉も楽しむことができ、より効率的な疲れの取り方もわかってくるかもしれません。温泉に関する資格は以下のようなものがあるので、人気順にご紹介します。

1位 温泉観光アドバイザー

https://www.nihonsupport.org/shiken/onsen/

「日本生活環境支援協会(JLESA)」が主催する資格で、全国の温泉に関する知識を有することを証明する資格です。国内の温泉の泉質や効能のほか所在地や歴史についての知識も問われるため、温泉観光についての見識を備えることができるでしょう。温泉旅行によく行かれる方にとっては楽しく学べる資格だと思います。

受験の申し込みはインターネットから行います。受験は2ヶ月に1回のペースで行われ、在宅で受験します。

より効率的に学ぶためには、「諒設計アーキテクトラーニング」が開催する資格取得講座(https://www.designlearn.co.jp/onsen/)に応募することをおすすめします。この講座は第二位のサナトリウム健康アドバイザーとのダブル受験のための講座であり、サナトリウム健康アドバイザーの資格も一緒に取得できる内容になっています。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

https://www.jpinstructor.org/shikaku/onsen/

サナトリウムとは結核療養所のイメージが強い言葉ですが、この資格で使われている意味は本来の意味である病気療養所という意味です。この資格は「日本インストラクター協会(JIA)」が主催する資格で、泉質の種類や入浴の方法に関する知識を証明する資格です。温泉の効能を借りて、健康を増進させるための資格と言えるでしょう。

受験の応募はインターネットから行い、偶数月に行われる受験に合格すれば資格取得となります。

資格をより効率的に勉強するためにも、「諒設計アーキテクトラーニング」が行うダブル資格取得講座の受講がおすすめです。この講座は最短2ヶ月で終えることができ、スペシャル受験を受けていれば試験を受けずに資格を取得することができます。勉強時間や試験を受ける時間が確保できない方は受講を考えてみてはいかがでしょうか。

3位 温泉ソムリエ

「温泉ソムリエ協会」が主催する資格で、全国の温泉に造詣が深いことを示す証明となります。

認定を受ける方法にはセミナーとツアーのどちらかに参加する必要があります。セミナーとは半日程度の講義であり、ツアーとは一泊二日の日程の中で温泉に触れながら資格を取る内容になっています。ツアーは温泉旅行気分で楽しみながら資格が取れる点が魅力です。

また、「N-academy」が温泉ソムリエ認定講座を開いています。テキストに加えて、動画も配信されているため、温泉ソムリエの出題範囲についてより深く理解したい方は受講してみてはいかがでしょうか。

4位 温泉観光士

「日本温泉地域学会」が群馬県草津市の後援を受けて主催している資格で、観光の発展および活性化をはかるための知識を身につけられます。

受験は年に一回、群馬県草津市で行われます。講義と野外実習、それと試験が3日間にわたって行われ、合格者に資格が授与されます(交通費、宿泊費は受験料と別で自己負担)。
講義は大学教授を招いて行われる本格的なもので、温泉をもっと深く知りたい人にはおすすめの内容になっています。

5位 温泉保養士

「一般社団法人 日本温泉保養士協会」が主催する資格で、温泉療法に関する知識を有する証明となる資格です。温泉保養士とは同協会が定めた資格の名称で、温泉医学に基づいて温泉の持つ保健的効能を引き出せる人材のことです。医学的な役割を持つ資格なので、温泉の効能などに興味がある方には面白い資格だと思います。

協会の定める講習を受講し、のち試験に合格すれば資格取得者として認定されます。講義は3日間にわたって行われ(交通費、宿泊費は自己負担)、最終日に試験があります。より上位の資格である温泉保養士(上級)もあるので、合格した方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。
温泉観光  温泉観光

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です