通信講座や人気資格サイト

毎日快適睡眠で人生の効率をアップさせよう!!

睡眠

気持ちいい睡眠をして朝スッキリ起きることは出来ていますか?実は、日本人の平均睡眠時間はここ40年から50年の間に50分も短縮していることをしっていますか?しかもこの睡眠時間の減少が生産性の低下などを引き起こしその損失が3兆円以上もあるという調査結果もあります。日本人はここ数十年の間に適切な睡眠をとることができなくなっているのです。どうすれば安眠の時間を適切に確保することができるのでしょうか。

安眠を妨げる原因

では、なぜ睡眠不足に陥るのでしょうか?その原因としては、日常的にストレスがかかっている、生活リズムが不規則、就寝前のPCやスマートフォンの使用、運動する習慣がない、あるいは騒音があるなど睡眠環境がわるい。など等ここで考えるだけでも多種多様な原因が考えられます。これらすべてに当てはまるという方も少なくないのではないでしょうか?では、どうすれば快適な睡眠を確保することができるのでしょうか?快眠への効率的な道についてお伝えします。

快眠への道

①プロに相談
心地よく眠りたいけどどうしたら良いのかわからない。自分で調べてみてもその情報が正しいのか不安。そんな方はプロに相談しましょう。眠りのプロとして美快眠セラピストや安眠インストラクターといった資格を有する人がいます。眠りのプロになるには、睡眠に関する幅広い知識を有しており、検定試験に合格する必要があります。ですので、これらの資格を有しているプロに相談することにより、睡眠不足に陥る原因の解明から適切な睡眠環境まで的確にアドバイスを受けることができます。相談する際に注意することが、人気に捉われることなく、口コミや評判をチェックし自分にあった方を探すことをお勧めします。

②簡単快眠法
 プロに相談するのはまだちょっと気が引けるし、そこまで睡眠不足が深刻ではない。そんな方にお勧めなのがまず朝起きたら太陽の光を浴びるということ。実は人間の体内時計は25時間。人間は一日24時間との1時間の差をこの朝陽をあびることにより修正しているのです。だから朝陽を浴びると生活リズムを整えることができるのです。次に夜はPCやスマートフォンを使わない。これらの強い光が脳に強い刺激を与え、寝つきを悪くさせています。ですので、メールなどのチェックは寝る前はやめて、極力朝にするようにしましょう。それだけで、軽微な睡眠不足の方はかなり改善されると思います。
 また、上述した快眠に関するプロ資格の取得をめざし、快眠に関する知識を広めることもお勧めです。もしプロになりたいという方は、通信教育による通信講座でもこれらの資格取得の勉強ができるスクールがあります。知識を広めたいという方はチェレンジしてみてください。

まとめ

睡眠ビジネス市場は3兆円もの潜在市場といわれています。また、OECDの国別平均睡眠時間ランキング比較でも日本は一番平均睡眠時間が短いとのことです。それだけご自身の睡眠に納得されていない方が多いのだと思います。人生の3分の1が睡眠であることを考えるとこれは由々しき事態であると言えます。みなさんもぜひ、自分の睡眠を見つめなおしてみてくださいね。
睡眠  睡眠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です