通信講座や人気資格サイト

日本茶セレクター認定試験口コミ評判

日本茶

ヨーロッパやインドで紅茶が主力なように、日本では緑茶やほうじ茶など「日本茶」が生活に根付いており、その種類や淹れ方には大きな特徴があります。

日本の最たる文化を受け継いだ茶器や湯呑みも、国内外から親しまれていますね。

また「日本茶」と言えば、独特の風味や栄養面にも優れ、緑茶は不発酵茶なので、含まれるビタミンCの効果で、疲労回復や美肌に期待できたり、カテキンはインフルエンザや生活習慣病の予防に効果的とされ、学校でも普及しています。

今回は、日本を訪れる海外観光客も増え、これからますます需要の高まりを見せる、【日本茶セレクター】についてご紹介しますね。

【日本茶セレクター】は、「日本安全食料料理協会」(JSFCA)の認定試験を受けて取得できる、「日本茶」に特化した資格ですよ。

“日本茶セレクター認定試験”口コミ評判 —  生活に根差した日本茶の数々

日本の食習慣が欧米化しても、唯一消えることのない文化が、お茶や和菓子の分野ではないでしょうか。

お茶はペットボトルでも販売され、緑茶・ほうじ茶・麦茶・穀類を使用したお茶など、たくさんの種類が親しまれています。

生活の面々で登場し、正式な場所でもてなしを受ける際も、「日本茶」はもっとも一般的で、格式高いお茶として認知されていると言えますね。

【日本茶セレクター】とは、日本茶の歴史や茶の葉に関して知識が豊富であり、細かく分かれた新茶の種類や、茶摘みの時期に詳しく、お茶の淹れ方・美味しい飲み方に精通した方に送られる資格で、【日本茶セレクター認定試験】を受け、合格者に対して「日本安全食料料理協会」(JSFCA)が認定しています。

“日本茶セレクター認定試験”口コミ評判 — 「和」のジャンルにも精通した「日本安全食料料理協会」(JSFCA)の資格

【日本茶セレクター】を認定している機関の名称は、「日本安全食料料理協会」(JSFCA)です。

【日本茶セレクター認定試験】を筆頭に、「和スイーツセレクトマイスター」「和食エキスパート」といった日本らしい「食」の認定試験を管轄しています。

すべての認定試験を在宅で受けられるので、居住地によって受験が制限されることもなく、ご自身のペースで受験できる点がたいへん人気。前提となる資格もないので、どなたでも受験できて、申込みもホームページからできるので簡単です。忙しい方にもオススメなんですよ。

特に【日本茶セレクター】は、年代を問わず好評のジャンルで、幅広い年齢層から支持されている点も特徴的です。

“日本茶セレクター認定試験”口コミ評判 — 【日本茶セレクター】プロになって活躍も!

【日本茶セレクター認定試験】に合格すると、【日本茶セレクター】の資格を受けられ、プロとして活躍できます。「日本茶」はもともとご家庭に馴染みの深い習慣・文化なので、ご自宅を一部開放して講師活動をしたり、カルチャースクールで教える道も人気です。

「日本茶」は、健康を支えてくれる側面も持つので、年齢を重ねて生活習慣病が気になったり、日々の健康を無理なく維持したい方から信頼されています。【日本茶セレクター】なら、「食育」の面から指導することもでき、たいへん喜ばれる分野で活躍できますね。

【日本茶セレクター】とは言っても、高い茶器を「日本安全食料料理協会」(JSFCA)から買い取ったり、教材費を支払う必要は一切ありません。

あくまで費用は、【日本茶セレクター認定試験】の受験料(10,000円)のみなので、少しでも興味を持った方はホームページを参考にしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

身近にある「日本茶」は、とても奥深いもの。

長きに渡って飲み継がれてきただけあり、栄養素も豊富で、健康ブームの今こそスキルを身に付けたいジャンルです。

お茶が美味しいことはもちろん、付随するインテリアや食器も楽しめるので、「日本茶」ならではの世界観を自由に広げられます。

【日本茶セレクター認定試験】の詳細は、「日本安全食料料理協会」(JSFCA)のホームページでご覧いただけますので、ぜひチェックしてみましょう!
お申し込み先、詳細 ▶ https://www.asc-jp.com/test/nihoncha/
日本茶・お茶  日本茶・お茶

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です