通信講座や人気資格サイト

ワインソムリエへの道

ワイン資格

ソムリエのいるお店ってどんなイメージですか?どことなく高級感があって最高のサービスを提供してくれるようなそんな期待感を抱かせてくれませんか?そうなのです。ソムリエとは日常の生活をラグシュアリーな非日常に変える力をもっている職業なのです。そんなソムリエになるにはどうしたら良いのかについてお伝えしたいと思います。

ソムリエになるには

ソムリエになるにはについてお話する前にソムリエとはどういう職業かについて説明しておきたいと思います。日本安全食料料理協会にその定義が記載されていますが、要約すると概ねワインに関わる飲料、サービスの全てのことを行う職業がソムリエになります。ちなみにソムリエは厚生労働省の職業分類にもその呼称が登録されています。
さてこのソムリエになるにはどうしたら良いのか?飲食店で働く場合はもちろん、友人と飲みにいったときなどに自分はソムリエと言えるとどこか他の人とは違う優越感を少なからず味わえるソムリエという肩書き。ではどうすればソムリエになることができるのでしょうか?検定試験のようなものはあるのでしょうか?
それには日本安全食料料理協会が実施する呼称資格認定試験に合格する必要があります。この認定試験における受験資格は二十歳以上で、一定期間飲食業サービス業での従事経験が必要となります。
ソムリエ資格

認定試験について

フランスでは国家資格よしてソムリエがあります。しかし、日本では国家資格はなく民間資格によるものしかありません。それでも、いまや高級レストランやワインを扱うお店ではソムリエがいるのといないのとではその格に差が出てしまうほど、その社会的地位はある程度のレベルにあると言えると思います。
しかし、ソムリエの世界は奥が深く上述したようにソムリエ呼称資格認定試験は受験資格も厳格なのが実情です。ですので、飲食業に携わっていない方やワインに関する知識がまだ初期段階の方には、次の二種類の試験の合格を目指されることをお勧めします。それは日本安全食料料理協会が実施する「ワインコンシェルジュ認定試験」と日本インストラクター協会が実施する「ワインインストラクター認定試験」です。これらの試験は受験資格がなく、その試験には幅広い知識が求められますので、これからワインについて知識を深めていきたい方にはぴったりの試験になります。

どうやって学ぶの

では、何も勉強せずにこの認定試験に合格するかというとそう簡単ではありません。では、どうやって学んで行けば良いのでしょうか?一般的にはソムリエ資格講座があるワインスクールや専門学校が行う教室に通うことになります。もちろん独学も可能でしょうが、スクールに通うほうが体系的学ぶことができ効率的にはなります。それでも、スクールに通っている時間なんてないよ。というかたもおられるはず。そんな方には通信講座がおすすめ。幾つかの学校では通信教育でソムリエ資格講座を開講しており、隙間時間を利用して学ぶことができます。通信口座を開いている学校についてはランキング比較や口コミを参考に選ばれると良いと思います。

ソムリエとして(取得後の道)

さて、努力の成果もあって晴れてソムリエとなったあなた。その活躍の場は主にホテルのレストランやバーになります。給与面で特に優遇されているかというそうでもなく、本当にワインが好きという方がソムリエになっている場合が多いようです。

まとめ

ソムリエの道は遠く厳しいものがありますが、夢もある職業です。有名になればテレビや雑誌への露出も可能であるし、評判の人気レストランで働けば人脈が広がり世界が広がる可能性も見えてきます。覚悟を決めてこの道を選択したならばとことんまで頑張ってほしいものです。
ワイン・ソムリエ  ワイン・ソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です