通信講座や人気資格サイト

手紙・文章ライター口コミ評判

手紙の書き方

相手との連絡手段をとる方法といえば、今ではメールが当たり前です。電波さえ繋がっていればいつでもどこでも相手と連絡を取ることができます。しかし、ひと昔前までは電話という手段ですら一般人には持つことが難しいものでした。そのため、相手と連絡を取る方法といえば、手紙が普通でした。しかし、今では手紙を書くということがほとんどありません。単純に言えば、メールでなんでもやり取りができてしまいます。そのため、手紙を書く習慣というのは今では珍しいものです。

・手紙・文章ライターとは

手紙・文章ライターは日本インストラクター協会が資格認定制度で行っている資格の一つです。手紙はただ思ったことを綴っていけばいいというわけではありません。相手に自分の言いたいことが伝わるように一つ一つの言葉を考え、文章の構成も考えなければなりません。
メールと同じような文面になると思いますが、手紙にも手紙の書き方というものがあります。そもそも文章自体を書くことが少なくなっています。現代で一番文章を書けるのは雑誌や新聞などのライターさんと呼ばれる職業になると思います。文章を考えて書くだけなんて簡単だと思う人もいるかと思いますが、実はけっこう大変な職業です。言葉一つで相手への伝わり方が違います。だからこそ、ライターさんというのはきちんとした文章を考えているのです。
手紙や文章を書くライターさんに特に資格は必要ありませんが、自分がきちんとした文章を書けるという証明のために、手紙・文章ライターという資格を持っておくのはいいともいます。

・手紙・文章ライター認定試験

なぜインストラクター協会がこのような試験を行っているのか。それは現代において手紙や文章の書くことを職業とするよりも、書き方を教えてほしいという人が多いからだと思います。
今ではすっかり手紙をかくという習慣がなくなり、書き方が分からなくなっているという人が多いと思います。なので、教える力の向上を図っている日本インストラクター協会で手紙・文章ライター認定試験が行われているのだと思います。
その認定試験の内容は以下のようになっています。

受験資格:特にありません

受験料:1万円(税込み)

試験日程:偶数月20日~25日

受験方法:インターネットで申請し、在宅受験

合格基準:7割以上

特に何か難しいということはありません。試験も2か月に1度実施されていますので、受けやすい資格だと思います。また在宅受験というのも利点の一つです。時間や場所に左右されることがないので、忙しい人にはピッタリだと思います。書くことを仕事にしている人は一度受験してみるのも面白いかもしれません。もし、合格したら自信にも繋がります。

・口コミ評判

口コミではやはり普段からあまり手紙や文章を書いていないという人が多いようです。現代ではメールやSNSが他人と繋がる主な手段ですので、若い人だとまったく手紙の書き方を知らないということも。手紙を書くことで、自分の知らない日本語を発見でき、マナースキルとして身につけることができます。もし、誰かに手紙を書くことになったときにもすぐに対応できますので、マナースキルとして身につけておいて損はないと思います。
手紙の書き方  手紙の書き方