通信講座や人気資格サイト

手作りパン資格人気ランキング

パン作りのための資格

パン作りが趣味と言う方は多いですが、材料まで熟知し道具や酵母にこだわっている方は非常に少ないです。もちろん家庭で作る分には絶対に必要になる知識ではありませんが、この機会に同じ趣味を持つ人と差を付けてみませんか?今回は、趣味のスキルアップもできてパン製造の仕事にも役に立つ資格を厳選して5つご紹介いたします。

1位:手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエは「日本安全食料料理協会」が主催する資格です。パン作りに使う道具や製法などの基礎知識はもちろん、日本におけるパンの歴史や世界のパンについてなど、幅広い知識が必要となります。知識だけでなく、実際にパンを焼くときに気をつけなければならないポイントなど問われますので、パンに関する知識を様々な方向から知ることが出来ます。

パン屋で働くプロの腕試しとしても受験されますが、趣味でパンを作っている方に特に人気の資格であり、手作りパン健康ソムリエを取得することで無添加のパンを自宅で作れるようになると評判です。

試験は2ヶ月に1回の間隔で開催されており、ネット申し込みの在宅受験になります。通信講座も用意されているため、数あるパンの資格の中では取得しやすい部類になるでしょう。

2位:パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザーは「日本インストラクター協会」が主催する資格です。手作りパン健康ソムリエと似ていますが、こちらは基本的な知識に加え、実際にパン作りをしてみないとわからないような手順や注意点などの知識が必要になります。

様々な種類のパンのレシピを知ることや、パンが上手く膨らまないと気にするべきことなど、ただパンを作るだけではわからないことも問われます。こちらも手作りパン健康ソムリエと同じく通信講座があり、この二つの資格はセットで扱われています。通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」スクールで特別コースを受験すると、資格試験免除で講座修了とともに資格が取得できます。パンに関する資格を確実に取得したい方にはおすすめです。

3位:おうちパンマスター

おうちパンマスターは「cotta」が共催する認定資格です。この資格は通信講座を受講するか認定教室に通うことで取得できます。パン作り初心者でも、講座を通して勉強していき資格取得が目指せる比較的優しめの資格です。参加者は子供たちに美味しいパンを家で食べさせてあげたいお母さんが多いです。

本格的なパン作りではなく、いかに時短でき専門的な道具が無くても作れるかをメインとしているため、忙しい主婦にも大人気の資格となっています。講座の受講料は15,000円になっています。

4位:パンアドバイザー

パンアドバイザーは「日本野菜ソムリエ協会」が主催する資格です。この資格はパンを作る知識と言うより、パンを食べる人を対象とした、パン好きのための資格です。ただ受講費の総額が75,500円と少々高いので、気軽には受けられませんね。パンの魅力や文化に興味のある方は、是非受講してみてください。

5位:パンコーディネーター

パンコーディネーターは「日本パンコーディネーター協会」が主催する資格です。パンの製造技術は問われませんが、パンをいかに美味しく食べるか、既存のパンをもっと美味しくするにはどうすれば良いかなどの発想や企画などが大切になる資格です。そのため、飲食店のメニュー開発やパン屋の店員、メーカーの商品企画担当者から人気のある資格となっています。この5資格の中で取得にかかる費用が一番高額であるため、その点ではおすすめできません。

資格を取ってスキルアップ

今回の5つの資格はどれも、パンを趣味で作っている方にも仕事で作っている方にもおすすめできる資格です。特に上位2資格は通信講座を受けると資格試験無しで2つの資格を同時に取得できるため、非常におすすめです。自分に合うパン作りの資格を見つけて、是非チャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です