通信講座や人気資格サイト

建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

tsushinkoza

建築現場では、数多くの建築材料が使用されています。時代とともに新しい建築材料が開発されるため、興味を持つことで楽しく学べそうな分野の一つでもあります。建築関係に興味を持つ方の資格選びのために、建築材料インストラクター認定試験についてご紹介します!

建築材料インストラクター認定試験とは?

建築材料インストラクター認定試験は、日本インストラクター協会が実施している資格試験です。「建造用材や内外装仕上げ材、性能維持材やその素材の種類の知識を有している人。講師活動ができる人。」と認定してもらえるということ。

どんな知識や技術を習得できるの?

建築材料インストラクター認定試験に向けて勉強する内容の例は、下記となります。

1)建造用材

・木材

・石材

・コンクリート

・鉄鋼

2)内外装仕上げ材

  築壁材

  床材

・屋根材

・各種ボード

・建具

・建築用金物

3)性能維持材

・シール材

・断熱材

・吸音材

・防水用材

建築材料には多くの種類がありますが、その一つ一つについてしっかり学べる内容となっていますね。断熱や吸音、防水など重要な性能に関係する建築材料など、興味深いテーマと言えるのではないでしょうか。

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。

試験は偶数月に行われ、246、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

口コミや評判が気になる!

建築材料インストラクター認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「建築の基本の一つとなる分野のため、興味を持ちました。」

「建材メーカーで働きたいと思っており、資格取得してみようかと思っています。」

地味に思われがちな建築材料ですが、建築に大切な知識の一つとしての価値を感じている人が興味を持っている様子が窺えますね。文系に進んだものの、建築関係への興味が忘れられないという人もいるようです。

建築材料に関する知識の魅力

個人の家から公共の建物まで、建築物を作るときには建築材料が必要です。建材と呼ばれることもあります。その種類は数多く、建築を学んでいる人も苦労をしながら身につけている分野です。

建築材料がなければ建物ができないことになりますし、建築材料の選び方によって雰囲気も機能も全く異なるものとなります。内装に向く建築材料や外装に向く建築材料など、物作りに興味のある人にとって楽しく学べる分野であることが特徴です。

まとめ

建築材料の種類は多いものの、各建築材料の知識を持つことで具体的な建築物のイメージを膨らませることが可能となりそうです。興味のある方は、建築材料インストラクター認定試験を検討してみてはいかがでしょうか。