通信講座や人気資格サイト

幼児食資格人気ランキング

幼児食

子どもが健やかに育つうえで食べ物は重要な役割を持ちます。元気な体を作るためには良い食事をしなければならないのはもちろん、食べさせてはいけないものも存在します。おそらく子育てを始めた頃にはわからないことが多く、手探りで日々を過ごしている方も多いのではないでしょうか。幼児食に関する資格をとれば、体系的な知識を得られ、きっと子どもの良好な発育を助けられるはずです。幼児食に関する資格は以下のようなものがあるので、興味のある方は取ってみてはいかがでしょうか。

1位 幼児食マイスター

https://www.asc-jp.com/test/youjisyoku/

「日本安全食料料理組合(JSFCA)」が主催する資格で、幼児食に対する適切な対処およびしつけができる証となる資格です。

申し込み方法は簡単で、インターネットから申し込みを行います。また、受験形式は在宅受験であり、偶数月に試験が行われます。

もし確実に受験に合格したいのなら、「諒設計アーキテクトラーニング」が行っている資格取得講座(https://www.designlearn.co.jp/youjisyoku/)がおすすめです。この講座は下記のベビーフードインストラクターの資格とあわせてダブル受験ができるようになっており、両資格を取る時に便利です。履修期間は最短2ヶ月で、計5回の提出課題があります。さらにこの講座の優れたところは、スペシャル講座を履修すれば受験免除で資格取得ができるという点です。もしも受験の手間をわずらわしく思うのであれば、「諒設計アーキテクトラーニング」のスペシャル講座がおすすめです。

2位 ベビーフードインストラクター

https://www.jpinstructor.org/shikaku/babyfood/

日本インストラクター協会(JIA)が主催する資格で、季節にあわせた献立や健康的な幼児食を考えることができる証明となる資格です。

こちらの資格も応募はインターネットから行い、偶数月に試験が行われます。受験形式は在宅受験となっているため、時間の無い方におすすめです。資格取得後にカルチャースクールなどで講師として活躍したい方はこの資格が役に立つと思います。

上記の幼児食マイスターの資格の項でも解説したとおり、「諒設計アーキテクトラーニング」が講座を開いており、受験勉強におすすめの内容となっています。幼児食マイスター資格とあわせて取得ができるので、複数の資格をとって知識をより確かなものにしたい方は受講されてみてはいかがでしょうか。

3位 幼児食インストラクター

「一般財団法人 日本能力開発推進協会」が主催する資格です。幼児食の基礎的な知識をはかるとともに病気の際の食事やアレルギーへの対応なども範囲として扱います。

認定校の「キャリアカレッジジャパン」が開いている講座を受講した後、在宅受験に合格すれば資格取得となります。講座は最長700日間にわたって受けることが可能なので、ゆっくり資格取得を目指したい方向けの講座と言えるでしょう。

4位 幼児食アドバイザー

「株式会社 日本フローラルアート」が主催する資格です。この資格は、子どもの食の自立をうながすために基礎から実践まで幅広く指導を行える証明になります。

同協会が認定講座を開いており、6ヶ月の講座を受講して全ての課題に合格すれば資格取得となります。サブテキストとして「子どもが喜ぶアレルギーレシピ100」や「子どもがよろこぶ幼児食かんたんレシピ」といった書籍も送付されるため、具体的なレシピに魅力を覚える方におすすめです。

5位 子供食育健康管理コーディネーター

「一般財団法人 資格支援能力振興協会」が主催する資格です。この資格は食育に医療的な見地をくわえた内容になっており、スポーツに必要な栄養やトレーニングと休養の割合などスポーツと関係のある出題範囲になっています。もしもお子さんのクラブ活動などでスポーツに触れ合う機会があるのなら、得る知識は決して無駄にならないと思います。

受験は在宅で行うことができ、希望すれば東京、名古屋、大阪で年2回行われる会場試験も受けられます。教材はテキストに加えて十分な量のDVDが用意されており、視覚的に学びやすい教材となっています。
幼児食  幼児食

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です