通信講座や人気資格サイト

実践建築模型認定試験口コミ評判

建築模型

子供の頃にプラモデルが好きだった、あるいはミニチュア工作が好きだったという思い出のある人も多いようです。趣味の時間として建築模型に興味のある場合、資格取得を通して満足のいく仕上がりを得られるレベルに到達することができます。実践建築模型認定試験についてご紹介します!

実践建築模型認定試験とは?

実践建築模型認定試験は、日本デザインプランナー協会が実施している資格試験です。「第三者にプレゼンテーションする建築模型の知識と製作技術、技能を持つ人。講師活動できる人」と認定してもらえるということ。

2級と1級の2つのレベルがあります

・2級

設計者の意図をわかりやすく伝達するツールとしての建築模型製作技術や技能を認定

・1級

2級の内容に加え、建築模型制作者としてのスキルや実践の場で通用する技術を有していることを認定
2級から、段階を経て学んでいくことができそうですね。

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。
試験は偶数月に行われ、2、4、6、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

口コミや評判が気になる!

実践建築模型認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「CADオペの仕事をしていますが、ものづくりに興味があるので建築模型についての知識も学んでみたいと思いました。」

「趣味で建築模型を楽しみたいと思っています!」

ものづくりが好きな人が興味を持っている様子が窺えますね。スポーツやアウトドアを楽しむ人がいるように、建築模型を学ぶ時間が楽しい余暇の過ごし方となりそうです。

建築模型の魅力

3Dプリンターが登場し、建物の完成イメージをCADなどのデジタルツールで手軽に得られるようになりました。しかし、建築模型の需要がなくなったわけではありません。
手作りの作品でできた3次元の完成イメージを見ることができることには、胸をワクワクさせる魅力があります。また、建築模型の世界は、男女問わず楽しめるものです。本格的に仕事で使う他にも、趣味で挑戦する楽しみもあります。別の分野の仕事を選んだものの、好きだったものに取り組む時間を持ちたいと思う人もいることでしょう。

まとめ

住宅関係の仕事につきたいなど、実務に活かすことを考える以外にも、趣味として取り組む高度な資格として魅力のある実践建築模型認定試験。模型試験も筆記試験で行われるため、比較的ハードルが低いと考えることもできそうです。建築模型に興味があり勉強好きな人は、資格選びの際に実践建築模型認定試験を検討してみてはいかがでしょうか。
建築模型・住宅模型資格  建築模型・住宅模型資格