通信講座や人気資格サイト

和菓子資格人気ランキング

和菓子

春には桜餅、秋にはおはぎとご家庭で和菓子を作られる方も多いと思います。もっと和菓子作りを楽しくするために資格を取ってみてはいかがでしょうか。受験勉強を通して和菓子について学べば、もっと和菓子作りが楽しくなると思います。和菓子作りの資格には以下のようなものがあります。人気順にご紹介します。

1位 和スイーツセレクトマイスター

https://www.asc-jp.com/test/wagashi/

日本安全食料料理協会(JSFCA)がさだめる民間資格です。

受けるにあたっては和菓子に関しての幅広い知識が要求され、この資格を受験すれば和菓子の種類、材料、道具など一通りの理解ができると思います。また、和菓子の文化や歴史なども扱う範囲になるので、和菓子の背景にも詳しくなれます。見事合格した暁には和菓子についてひとかどの見識を持つようになっているでしょう。

自宅で受験が受けられる、偶数月に試験がある、インターネットから申し込めるなど、とても受験しやすい内容となっています。受験料は一万円であり、趣味にかけるお金としてはお得なお値段だと思います。
せっかくの趣味をより豊かなものにするため、受けてみるのはいかがでしょうか。

2位 和菓子文化コーディネーター

https://www.nihonsupport.org/shiken/wagashi/

日本生活環境支援協会(JLESA)がさだめる民間資格です。和菓子に対する知識はもちろん、和菓子に関する文化および全国の郷土和菓子についての知識も求められます。和スイーツセレクトマイスターに比べて、より文化的な面を重視した資格と言えるでしょう。

こちらの資格も受験申込はインターネットから行い、試験は偶数月に行われます。また、受験形式は在宅受験になり、受験料は一万円となっています。上記の和スイーツセレクトマイスターの資格と並んで、もっと和菓子を好きになるためにうってつけの資格です。

諒設計アーキテクトラーニング(https://www.designlearn.co.jp/wagashi/)のように「和スイーツセレクトマイスター」および「和菓子文化コーディネーター」の資格を一度に両方取得できる特別講座を開いているところもあります。特別講座を受講すれば受験が免除されるので、両資格を狙いたい方は一考してみてもいいかもしれません。

3位 菓子製造技能士

この資格は国家資格であり、1級と2級が存在します。技能士資格とは厚生労働省が取り決める国家検定制度になり、すべてで127種類の技能士資格が存在します(2017年2月現在)。菓子製造技能士はそのうちの一つで、洋菓子製造と和菓子製造の部門にわかれています。ちなみに、技能士資格は確かな技術を示す証拠として作られており、職業に就くうえで必須というわけではありません。

技能士試験を受験するためには実務経験が必要となり、実務経験だけだと2級で2年、1級で7年の経験が必要になります(学歴によって短縮できる場合があります)。

受験日程は実施する都道府県によって異なるため、注意が必要です。受験科目は筆記と実技で行われます。

この資格は、いわばプロフェッショナルのための資格と言えるでしょう。そのため、個人で楽しむ目的には少し過ぎたものかもしれません。

4位 製菓衛生師

この資格は製菓衛生師法という法律で定められた国家資格になります。菓子製造の知識ならびに技術の他に、公衆衛生についての知識も問われます。そのため、製菓部門の管理者としての資質も問われる資格になります。こちらも職業に就くうえで必須のものではありません。

受験のためには所定の施設ならば1年、それ以外ならば2年の実務経験が必要となり、筆記と実技で判定を行います。受験日程は各都道府県によって異なるため、注意が必要です。

取得できれば、製菓業やパティシェとして就職する際に有利になるかもしれません。

また、この資格を持っていると食品衛生責任者になることができるので、カフェやブーランジェリーを開くときにも有用になるでしょう。

この資格を持ってこそ、製菓業では一人前とみなされます。個人で楽しむ目的で持つには少しオーバーな資格かもしれません。
和菓子  和菓子

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です