通信講座や人気資格サイト

住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

tsushinkoza

人生において長い時間を過ごす「住まい」。どんなところに住むのかによって、精神的な部分も含む健康面への影響があるように感じる人も多いことでしょう。家を建てることをきっかけに建物や建築に興味を持った人もいるかもしれませんね。住まいに関する勉強によって取得できる資格が、住まいアドバイザー認定試験です。どんな手順で取得できる資格なのか、早速ご紹介していきますね!

住まいアドバイザー認定試験とは?

住まいアドバイザー認定試験は、日本生活環境支援協会が実施している資格試験です。「建物及び建築材料に関する一般的な知識、また住まいの視点から見た鑑定、判断能力のある人」と認定してもらえるということ。

どんな技術を習得できるの?

住まいアドバイザー認定試験に向けて勉強する内容の例は、下記となります。

・建物に関する基本知識

・建築材料に関する基本知識

・住まいの視点からみた建物や建築材料について

建物や建築材料の欠陥、健康被害など、住まいに関するニュースを見ることがありますが、それらについて理解することができそうな内容となりそうです。

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。

試験は偶数月に行われ、2、4、6、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

口コミや評判が気になる!

住まいアドバイザー認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「将来の家購入のためにと住まいに関する本を読んでいるときに資格のことを知り、資格もついでに取って理解を深めることで一石二鳥になると考えました!」

住まいに関して興味のある人は多いですよね。どの本を読んだらいいのか、どんな風に学んだらいいのか迷う人も多いことでしょう。生活に役立てながら資格取得という形で自分自身のステップアップを目指す人に向いている資格と言えそうですね。

住まいに関する知識の魅力

建築材料の選び方で、住まいの快適さは全く異なるものとなります。人気の天然木はもちろんのこと、最新の材料でも優れた機能が見られることが興味深いですね。家作りに使われる木の種類は様々で、それぞれの特徴を持ちます。自分にとっても、理想の住まいを考えるときの選択肢が増えるかもしれません。

不動産関係や建築関係の仕事をしている人には、そのまますぐに役立つことになりそうですね。また、建築材料は、インテリアとも関係するため、インテリア関係の仕事を目指す人にもプラスとなる可能性があります。

まとめ

今関わっている仕事や、自分の住まいをきっかけに、住まいに関する資格に興味を持つ人がいるようです。取得する資格選びに迷っている方は、今回の情報を参考にしてみてくださいね。