通信講座や人気資格サイト

中華料理資格人気ランキング

レシピを見ないで中華料理が作れるようになる資格

一見私達の食生活によく馴染んでいて日常的に食べる中華料理ですが、実は本格的に作ると非常に難しいジャンルの一つです。本葉の中華料理で使われる材料や調味料など、精通している方は少ないです。今回は、そんな中華料理がレシピを見ないでも作れるようになれる資格をご紹介いたします。

1位:中華料理ソムリエ

中華料理ソムリエは「日本安全食料料理協会」が主催する資格です。独学で受験する場合は、協会のホームページからの申し込みで在宅受験が可能です。受講料は税込み10,000円であり、試験は2ヶ月に1回の間隔で開催されています。通信講座では「諒設計アーキテクトラーニング」スクールの「中華料理ソムリエW資格取得講座」で取得できます。

中華料理の基本的な知識から本場でのマナー、中華料理と健康・美容の関係性まで幅広い知識が問われるため、独学での受験は少々難しいかもしれません。通信講座の教材では、よく食べる麻婆豆腐や酢豚などを本格的に作れるレシピなどが載っているため、実際に家で作りながら楽しく学ぶことが可能です。セミナーや講義と違って自分のペースで、時には友人や恋人とも一緒に学べることが通信講座の良いところですね。

諒設計の「中華料理ソムリエW資格講座」では、中華料理ソムリエともう一つの中華料理資格の2つが取得できます。特別講座を選択すると、資格試験が免除され、卒業課題を提出するだけで2つの資格が同時に取得できます。非常に効率の良い講座ですので、確実に中華料理の資格を取りたい方にはおすすめです。特別コースの受講料は79,800円であり標準学習期間は6ヶ月、最短2ヶ月でも取得可能です。

2位:中華料理調理インストラクター

中華料理調理インストラクターは「日本インストラクター協会」が主催する資格です。こちらが、中華料理ソムリエと同時に取得できるもう一つの資格です。独学の場合は、中華ソムリエと同じく協会のホームページから申し込み、在宅受験が可能です。

中華料理の種類や歴史など基本的な知識は中華料理ソムリエと変わりませんが、中華料理に使う食器や盆についてなどの知識も問われるため、一層深い学習が必要です。この資格があれば、自宅で杏仁豆腐や小籠包、エビチリなどの人気の中華料理が簡単に作れるようになりますので、毎日料理をする主婦の方に特におすすめしたい資格です。

中華料理調理インストラクターを取得した後は、自宅やスクールで中華料理調理インストラクターと名乗り指導することが可能です。これから中華料理に関わる事業について考えている方は、勉強と信頼のために2資格の取得をおすすめします。

3位:IPA中華料理技師資格

IPA中華料理技師資格は「国際職業能力資格認定協会」が主催する資格です。その内容は、中華料理の歴史や実際店を開く際のメニュー構成、作る際に必要になるスキルが問われます。料理が趣味の方と言うより、今まで中華料理に携わってきた方向けの資格です。

受験資格は非常に厳しく、国内で2年以上調理の仕事に従事していた又は国外で10年以上調理の仕事に従事していた若しくは国外において調理専門大学を卒業していたことが条件です。試験は年に4回開催していますが、受験料だけで27,000円になるため、気軽に受けられる資格ではありません。中華料理の資格を本格的に活かし、これから中華料理専門店の回転を考えているような方におすすめしたい資格です。

資格を取ってスキルアップ

中華料理の資格と言うと、多くの方がピンと来ないはず。ですが、初心者でも自分のペースで学べ取得できる資格があることを知っていただけたと思います。特に中華料理ソムリエと中華料理調理インストラクターの講座は、料理初心者でも学習できる基礎的な内容となっていますので、これから中華料理を作ってみたいという方は一度講座のページをチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です