通信講座や人気資格サイト

ワイン人気資格ランキング

ワイン資格

現在は第7次ワインブームと呼ばれるほどに、ワインへの注目が集まっている時代です。レストラン以外でもスーパーやコンビニなどで手軽に美味しいワインが楽しめる一方、種類が多すぎてチョイスに困ってしまっている方も多いはずです。また、ワイン好きを仕事にしたいと考えている方や、現在飲食業に従事している方で資格が欲しいという方も多いかもしれません。今回ご紹介するのは、仕事や趣味でのワインの扱い方をワンランクアップさせる5つの資格です。特に仕事用に資格が必要という方は必見です。さっそく見ていきましょう。

1位 ワインコンシェルジュ

ワインはブドウの品種や産地、製造方法など様々な要因によって、色や香り、重みなどの味わいや特徴が大きく変化します。このようなワインに関する基本的な情報に加えて、世界各国のワイン事情やワインに合う料理などの幅広い知識を有していることを認定するのがワインコンシェルジュの資格です。資格取得後は専門学校などの講師として働くこともできるようですが、酒類の製造や販売、流通業の他、飲食サービス業などの分野でも活躍できるようです。ワインコンシェルジュ資格はこちら

2位 ソムリエインストラクター

料理に合ったワインをお客様に提供できる能力を認定しているのがソムリエインストラクターの資格です。普段の生活でも、外食やパーティで適切なワインを選ぶことができるようになります。ワインコンシェルジュと合わせてワインのことが学べる講座が6万円ほどでありますが、プラス2万円で講座終了とともに資格がもらえるコースもあるので、そちらを受講するのもアリかもしれません。通常試験は在宅式で2ヶ月に1度行われていて、受験料は1万円です。ソムリエインストラクター資格はこちら

3位 ワインエキスパート

ソムリエ資格を発行している日本ソムリエ協会が認定している資格がワインエキスパート資格です。筆記試験の難易度はソムリエと同等といわれています。ソムリエは飲食サービス業に5年以上従事していないと受験することができないのに対して、ワインエキスパートは誰でも受験することができます。ただしソムリエのように就職等で武器になることは少なく、あくまでも趣味の範囲内でワインをもっと楽しみたいと考えている方にオススメの資格です。

4位 ワインアドバイザー

ソムリエやワインエキスパート資格と同じ日本ソムリエ協会が認定している資格です。ソムリエがサービス業の方が対象であるのに対して、ワインアドバイザー販売業の方向けの資格となっています。受験するためには、酒類製造や販売または流通業を2年以上経験して、現在も従事している必要があります。

5位 ワインコーディネーター

ソムリエ資格を発行しているもう一つの団体、全日本ソムリエ連盟が認定しているのがワインコーディネーター資格です。劣化したワインを見抜くテイスティング力や好感度の高い接客などの「おもてなしの心」に重点が置かれています。会場受験の他に在宅受験や、試験なしで資格を取得できる通信講座コースなど、いくつかの形態があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。ワインに関する資格は、既に飲食業に従事している必要があるものなど、プロ用の資格がある一方で、経験を必要としない愛好家の資格もあります。自分の目的にあった資格を取得して、より上質なワインのある生活を愉しんでみませんか。
ワイン・ソムリエ  ワイン・ソムリエ

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です