通信講座や人気資格サイト

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

ワイン資格

飲むことでも十分に楽しむことのできるワイン。ワインの知識を得ることで、ワインを選ぶ楽しみをさらに増すことができそうですね。ワインについて、歴史や産地、料理との関係など基礎から学ぶことのできる資格がワインコンシェルジュ認定試験です。どんな手順で取得できる資格なのか、早速ご紹介していきますね!

ワインコンシェルジュ認定試験とは?

ワインコンシェルジュ認定試験は、日本安全食料料理協会が実施している資格試験です。「ブドウの品種毎の特徴や世界のワイン事情といったワインの基本情報をマスターした人、また講師活動ができるレベルの人」と認定してもらえるということ。

どんな技術を習得できるの?

ワインコンシェルジュ認定試験に向けて勉強する内容の例は、下記となります。

・ワインの歴史

・ワインの格付け

・ワインの産地、特徴

・ワインの分類

・ブドウの栽培と品種

・ワインと料理

ワインの歴史や格付けについては、知人との食事中の話のネタにもなりそうですね!料理との関係を知ることで、ワインの楽しみ方の幅を広げることもできそうです。

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。

試験は偶数月に行われ、2、4、6、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

口コミや評判が気になる!

ワインコンシェルジュ認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「ワインを飲むことが好きなので、比較的気軽に受けられる資格試験をきっかけに基本を勉強したいと考えました。」

「ワインに関する資格を複数取得することを考えています!」

ワインに関する資格には複数の種類があるようですが、比較的チャレンジしやすい資格として選ぶ人がいるようですね!ワインの知識を深めることで、ますますワインの世界を楽しむことができるかもしれません。

ワインの魅力

ワインは原料となるぶどうに糖分が含まれているため、自然に発酵してできるアルコール飲料です。水分を含めぶどうそのものから作られるため、ワインの味はぶどうの品質で決まる部分が大きいと言われています。ぶどうを大事に育てている農家さんの気持ちが反映されるのかもしれないですね。

飲み続けていく中で、好みが変わっていくこともあるのが楽しみにもなるとのこと。ワイン好きを自称する人でも、新しい魅力を発見して感動することがあるそうです!

まとめ

日常生活でも親しみを感じるワイン。資格を通じてワインに詳しくなることで、さらに豊かな気持ちで飲むことができそうです。新しいお気に入りのワインを見つけるきっかけにもなるかもしれないですね。ぜひ資格選びの参考にしてみてください!
ソムリエ  ソムリエ