通信講座や人気資格サイト

ベランダ菜園資格人気ランキング

ベランダ菜園

ここ数年の異常気象により、野菜の価格は年々高騰を続けています。そのような状況の中では、少しでも自分で野菜が作れたら家計が助かると考える方は多いのではないでしょうか。
事実、今年は野菜の苗が売り切れとなるお店が多かったようで、家庭菜園への関心が高まっていることが感じられます。
特にマンションやアパートなど、庭のない家庭でも取り組むことのできるベランダ菜園が人気となっています。作り方によっては、プランターでは無理そうな「すいか」や「かぼちゃ」なども栽培できてしまうベランダ菜園の魅力を本格的に学んでみませんか。

【1位】ベランダ菜園アドバイザー

ベランダ菜園に対する基本的な知識や技能を有し、植物や野菜の十分な管理ができるとともに、人に指導することのできる能力があることを認定されるのがベランダ菜園アドバイザー資格です。
一口にベランダといっても、日当たりの良し悪しや日照時間などの栽培環境は様々です。個々のベランダ環境に応じた栽培方法や栽培計画を作成する力が求められます。
資格認定後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍することも可能です。

認定団体…日本生活環境支援協会

受験資格…特になし

受験料 …10,000円(税込み)

受験申請…インターネットによる申し込み

受験方法…在宅受験

合格基準…70%以上の正答率

受験日程…2か月に1回(偶数月)

【2位】家庭菜園インストラクター

植物と野菜の種類や育て方に精通し、土壌や水の管理、病害虫への対応などの知識を身につけ、技能も十分であることを認定されるのが家庭菜園インストラクター資格です。
ベランダ菜園に限らず、家庭菜園全般について学べる資格であるため、農業系の学校に通う方や農家の方が基礎的なことの復習として学び直す場合も多く見られます。
野菜自体への知識も深まるため、普段のお買い物での野菜の選び方や保存方法についても分かり、かしこい消費者として生活の質が高まることでしょう。

認定団体…日本インストラクター協会

受験資格…特になし

受験料 …10,000円(税込み)

受験申請…インターネットによる申し込み

受験方法…在宅受験

合格基準…70%以上の正答率

受験日程…2か月に1回(偶数月)

【3位】美味安全・野菜栽培士

野菜に関する基礎知識を有し、定番野菜から珍しい野菜の栽培方法までを理解していることを認定されるのが美味安全・野菜栽培士資格です。
ナスやトマトなどの定番の野菜はもちろん、京野菜などの地方野菜やハーブ、西洋野菜など約150種類の野菜の栽培方法について学べ、さらにそれらの野菜を使った料理レシピについても学ぶことができます。そのため、料理人の方が取り扱う野菜への理解を深めるために受講されるのもおすすめです。
また、化学肥料や農薬を使わないオーガニック野菜の作り方も学べるので、安全な野菜作りに関心がある方にもぴったりの資格といえます。
決められた講習を受け、課題を提出し、合格が認められたところで資格認定となります。

認定団体…日本園芸協会

受講資格…特になし

受講料 …43,000円(税込み)

受講申請…インターネットによる申し込み

受講方法…在宅受講

合格基準…講師による課題判断

【4位】家庭菜園検定

野菜の原産地、栽培方法、肥料など家庭菜園に関わる基本的な知識を有することを認定されるのが家庭菜園検定です。
主催者は家の光協会、後援にJA、協賛に井関農機やヤンマーなど大手農業関係各社が名前を連ねていて、人気のある資格でしたが、残念なことに平成26年から休止となっています。
現在再開は未定です。

【まとめ】

ベランダ菜園や家庭菜園は家計を助けるためにも、安全な野菜を栽培することで家族の健康を守るためにも、とても有効です。
また、野菜の知識を身につけることで、新鮮でおいしい野菜を見極めることのできるかしこい消費者となることも可能です。
そんなメリットばかりのベランダ菜園資格、ぜひ取得してみませんか。
ベランダ菜園資格  ベランダ菜園資格

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA