通信講座や人気資格サイト

ハウスクリーニング掃除人気資格ランキング

ハウスクリーニング資格

掃除が好きという方や仕事にしたいと考えている方から、掃除は苦手…という人まで、幅広くおすすめしたいのがハウスクリーニング・掃除系の資格です。腕試や、掃除への苦手意識に役立つばかりか、現在のお仕事にも役立つこと間違いなしの5つの資格をピックアップしました。一体どのような資格があるのでしょうか。それではさっそく見ていきましょう。

1位 ハウスクリーニングアドバイザー

日本生活環境支援協会が発行していて、掃除のスペシャリストが取得できる資格がハウスクリーニングアドバイザーです。掃除に関する詳しい知識を持つだけではなく、プロの視点から掃除に関する判断やアドバイスができる人が取得できます。基本的かつ応用的な掃除道具の使い方や、掃除場所やその状況に合わせた適切な掃除方法などの知識を保有している必要があります。試験は2ヶ月毎に行われており、試験方法も在宅式(解答を送るだけ)なのであなたの都合に合わせて資格試験を受けることができます。ハウスクリーニングアドバイザー資格はこちら

2位 クリーニングインストラクター

例えば水道周りやレンジ、ガスコンロの周りなどの水垢やこびりついた汚れはなかなか落ちません。そんな汚れを落とせるような掃除に関する幅広い知識を保有していて、知識を使って掃除ができる技術を持った人が取得できる資格がクリーニングインストラクターです。この資格は家の隅々まで掃除をして、美しい住まい環境を作ることを目的としていて、資格取得後は講師として掃除の知識や方法を指導できるようになります。ハウスクリーニングアドバイザーと同様に2ヶ月に1度の在宅試験方式なので、気軽にチャレンジしてみても良いかもしれません。クリーニングインストラクター資格はこちら

3位 掃除検定

掃除の知識だけでなく、掃除技術が身につく資格が掃除検定です。1級から5級まで難易度毎に分かれていて、自分の職種や目的にあった資格に挑戦することで必要な知識と技術が身につくようになります。特に、飲食業や医療系、幼稚園や保育園などで働きたいと考えている方は、転職に役立つかもしれません。公式テキストは1800円で購入でき、試験は3800〜6800円まで級毎に値段が分かれています。

4位 ハウスクリーニング士

日本ハウスクリーニング協会が発行している資格が、ハウスクリーニング士資格です。ハウスクリーニングを独立開業したいという方用のカリキュラムを受講し、全日程が終了すると資格が付与されます。研修は3日間で、受講費用は15万円です。

5位 ハウスクリーニング技能士

国家資格であるハウスクリーニング技能士の資格は単一等級として区分されており、学科試験と実技試験を合格する必要があります。ウール素材のクリーニングやステンレスの油汚れ落とし、磁器タイルの汚れ落としやフローリング床のキズ補修など、かなり専門的な技術が必要となってくるため難易度は高いです。実際に実務に3年以上ないと受験することはできないため、現場で働いたことのある方は是非挑戦してみてください。受験料も4万円近くかかるため、気軽には受けることができない資格となっていますが、前述したように国家資格であるため、受験資格のある人は是非受けてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。ハウスクリーニングや掃除系の資格といっても、国家資格のような難しいものから、講座を受けるだけでもらえるような比較的安易なものまで幅広くあります。資格は目的に合わせて取得するものです。あなたの目的にあった資格を取得して、これからの生活やお仕事に役立てましょう。
ハウスクリーニング  ハウスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です