通信講座や人気資格サイト

スポーツフード資格人気ランキング

スポーツフード

スポーツフードとは?

スポーツフードとは、運動が好きな全ての方の体作りを支えられるような食事を指します。スポーツフードの資格では、主に栄養や食事に関する知識に加え、その知識をどう使っていくかなどの実践的な方法までが問題として問われます。

今回は、そんなスポーツフードに関する資格を3つ厳選して、詳しくご紹介いたします。

1位:スポーツフードマイスター

スポーツフードマイスターは「日本安全食料料理協会」が主催する資格です。この資格はスポーツをする上で多めに摂取しておきたい栄養や、その栄養が含まれた食材を使った料理のレシピなどを実践的に作れる知識が必要です。運動する子供から、スポーツ選手に必要な栄養まで幅広くカバーできるため、非常に使い勝手の良い資格となります。

年齢だけでなく性別や行う競技、そして運動量で栄養を計算できるようになるため、自分だけでなく多くの人の役に立てる資格でもあります。

スポーツフードマイスターは通信講座もあり、その中ではなんと「試験免除で卒業と同時に取得できる特別なコース」も存在します。価格は少々高いですが、絶対にスポーツフードの資格を取りたいという方におすすめです。「諒設計アーキテクトラーニング」通信講座スクールにて取得できます。

試験の受講料は消費税込みで10,000円、インターネットから申し込め在宅受験可能な試験ですので、全体をカバーする内容+気軽に受けやすい点で1位にいたしました。

2位:アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターは「日本インストラクター協会」が主催する資格です。こちらの資格は現在取り組んでいるスポーツをさらに効果的に取り組めるよう、体力UPのための栄養や疲労・風邪の時に効果的な食について学べます。まさに、基本的な体力を底から上げていくような資格です。

アスリート栄養食インストラクターを学ぶことで、トレーニングを多めにする時の食事や試合前日・当日の食事、スポーツに有効なサプリメントの使用法や推奨される種類などが身に付きます。

そしてこの資格を取得したら、教室やスクールで講師として指導することも可能です。これからスポーツに関する栄養学について人に教えたいと考えている方には非常におすすめの資格です。

この資格も1位のスポーツフードマイスターと同じく、「諒設計アーキテクトラーニング」で通信講座が用意されており、コースによっては試験免除で資格取得ができます。この二つの資格はセットとして扱われているため、1度で2つの資格が取得ができます。試験自体の受講料は上と同じく10,000円、2カ月ごとに開催されており在宅申し込み・受験可能です。

3位:スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーは「日本能力開発推進協会」が主催する資格です。こちらの資格は受験資格があり、「通信講座 資格のキャリカレ」で「スポーツフードアドバイザー養成講座」を受講しなければいけません。講座自体は受講期間中何度でも質問可能などサービスも良く、比較的続けやすい講座だと思われます。プロのスポーツトレーナーと管理栄養士が共同で監修しているため信頼できますね。

資格そのものについては、運動全般や特定のスポーツに関する栄養・食事についてから、スポーツ選手のメンタルケアの知識まで必要です。レシピに関する知識も必要になるため、少々内容量が多い資格となっています。

通信講座が前提となるためか、資格の受験料は税込み5,600円と安めです。ただ、通信講座を受講したからと言って確実に資格が取れるわけではないので3位にいたしました。

自分の本当に学びたい資格を選ぶ

資格や取得のために培った知識は、一度取得したらこれからの人生の中でずっと役に立つ知識として使えます。それこそ運動は、健康的に過ごすためには長く付き合っていかなければなりません。今まで特定のスポーツをしていた方も、これから運動を始めてみたい方も正確な知識を身に着けるために、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。
スポーツフード資格  スポーツフード資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です