通信講座や人気資格サイト

コーヒー・カフェ人気資格ランキング

カフェ

お店を持って、お洒落な空間と美味しいコーヒーで素敵な生活をしたい。
きっと誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。最近では自分で豆から選ぶ人も増えてきており、コーヒーへの関心が少しずつ高まってきています。今回ご紹介するのは、将来カフェを持ったり美味しいコーヒーを入れたりするのに、取得しておくと良い資格のランキングです。それではさっそく見ていきましょう。

1位 コーヒーソムリエ

コーヒを出すお店をしたいなら、絶対に持っておきたいのがこのコーヒーソムリエの資格です。コーヒーは豆の種類や産地ごとに味が異なりますが、挽き方や焙煎方法などによってもかなり味が変化します。美味しいコーヒを入れるために必要な多くの知識を身につけられるため、将来カフェを持ちたい方はもちろん、趣味で楽しみたい方も上質な一杯をいれられるようになるでしょう。コーヒーソムリエ資格はこちら

2位 カフェオーナースペシャリスト

カフェオーナースペシャリストはカフェを持ちたい方が必ず取得しておくべき資格です。主にカフェのオーナーに必要な知識と、実際に覚えた知識を使いこなせるかが試されます。コーヒーソムリエと共に1万円で受験できて、資格取得後はカフェの専門学校などが講師として雇ってくれる場合もあるようです。カフェオーナースペシャリスト資格はこちら

3位 コーヒーインストラクター検定

カフェよりもコーヒーに関する事業者としての将来を考えているのであれば、こちらの資格がオススメです。資格は難易度別に3段階に分かれていますが、ある程度は勉強をしないと初級のインストラクター2級もやや難しいかもしれません。試験は筆記によるテストと、飲み比べなどの実技試験があります。

4位 コーヒーマイスター

今回紹介する中で比較的とっつきやすいのが、このコーヒーマイスター資格でしょう。資格認定までに自宅で受験可能な養成講座や実技講習会に参加する必要があり、これからコーヒーを勉強したいという方には特にオススメです。資格自体はお客様の生活にあったコーヒーを提案できることを目指したもので、コーヒーに関する知識と基礎技術を習得することができます。

5位 JBAバリスタライセンス

高品質なエスプレッソコーヒーにこだわっている日本バリスタ協会が発行している資格がJBAバリスタライセンスです。一定基準の知識とエスプレッソ抽出技術を身につけたことを認定する資格であり、持っているとカフェを持つ際に役立つこと間違い無しです。ただしこの資格を取得するためにはJBA認定校でのスクール受講をしているか、コーヒー関連企業に就業している必要があるため少し敷居が高い資格となっています。

6位 コーヒーコーディネーター

コーヒーに関する基礎的な知識基礎的な知識の他に、オリジナルブレンドやラテアートなども学べるのがコーヒーコーディネーターの資格です。用意されている講座を全て受講し、課題を全てクリアすると取得できる資格となっているので比較的取得が容易となっています。趣味でコーヒーを楽しみたいという方は是非チャレンジしてみましょう。

7位 カーサバリスタ

コーヒーコーディネーターと同様にデザインカプチーノの作り方が履修内容となっているのがカーサバリスタという資格です。認定教育機関での全カリキュラムを修了後に受講することができ、受験料も5600円と比較的安いため、最初の一つとして取っておいても損はない資格です。

まとめ

いかがだったでしょうか。コーヒーやカフェ系の資格といってもかなり多くの種類が存在します。あなたの目的にあった資格を取得して、今よりもさらに上質なコーヒーライフを満喫しましょう。
カフェオーナー  カフェオーナー

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です