通信講座や人気資格サイト

キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

キャンドル資格

雑貨店などに並ぶキャンドルを購入し、日常生活や季節のイベントなどで楽しむ人も多いのではないでしょうか。キャンドルには、使用する楽しみの他に、作る楽しみもあります。キャンドルデザインマスター認定試験についてご紹介します!

キャンドルデザインマスター認定試験とは?

キャンドルデザインマスター認定試験は、日本デザインプランナー協会が実施している資格試験です。「キャンドル製作に必要な知識、技術のレベルが一定以上の人。」と認定してもらえるということ。

どんな技術を習得できるの?

キャンドルデザインマスター認定試験に向けて勉強する内容の例は、下記となります。

・キャンドルの材料と道具

・キャンドル作りの基本

・キャンドルの色や演出について

・キャンドルの工夫と灯し方

・キャンドル作りのレシピ

・ディナーキャンドル、ジェルキャンドル等

オリジナルのキャンドルを作ることを可能にする知識の他、演出などについても学ぶことができそうですね!

気になる試験の概要は?

気になる受験料は10,000円です。インターネット申し込みができるため、好きなタイミングで受験することができます。しかも、在宅受験のため交通費がかかりません!合格基準は70%以上となっています。

試験は偶数月に行われ、2、4、6、・・・12月といった具合です。受験申し込みは受験月の前月。例えば12月に受験したかったら11月中に申し込めばOK。合否通知は受験月の翌月20日頃に送られてきます。

 口コミや評判が気になる!

キャンドルデザインマスター認定試験に興味を持った人の口コミをご紹介しましょう。

「キャンドル工房の開業を目指しているため、基本知識を学びたいと思いました。」

「手作りキャンドルをプレゼントすることをきっかけに、勉強して趣味にしたいと考えました!」

キャンドル好きな人が、人に教えたりプレゼントしたりすることにつなげるために勉強したいと考えている様子が窺えます。

キャンドルの魅力

キャンドルからは、電気照明にはない癒し効果を感じることがありますね。キャンドルを灯すと、水分が出ることでマイナスイオンが発生するそうです。また、キャンドルを灯しても有害な一酸化炭素が出るわけではないため、安心して使うことができるアイテムでもあります。

川のせせらぎや海の波で見られる1/fゆらぎをご存じでしょうか。キャンドルの炎も、1/fゆらぎであることがわかっています。人の鼓動と同じリズムである1/fゆらぎには、高いリラックス効果があります。

まとめ

資格取得は、実用的なことに活かしたいと考えることがきっかけになることもあれば、楽しく学べる分野で人生を豊かにしたいと考えて選ぶパターンもあります。キャンドル好きな人が、その興味を勉強する気持ちに向けるのも良い時間の過ごし方となるかもしれません。資格選びの際に、キャンドルデザインマスター認定試験を検討してみてはいかがでしょうか。
キャンドル資格  キャンドル資格

通信教育講座のアーキテクト  通信教育講座のSARA