通信講座や人気資格サイト

キッチン心理アドバイザー認定試験口コミ評判

キッチン

キッチン心理というのは近年、注目されている分野の一つで、特に料理がすることが多い女性には興味深い分野だと思います。心理学は心を癒し、相手がどうすれば立ち直ることができるのか、やる気を出してくれるのかというのを考えて治療を行っていきます。しかし、キッチン心理では心の整理を日常生活の中で取り入れる治療です。例えば、キッチンを整理して心もすっきりさせたり、食材を使って体に栄養を与えたりとキッチンは私たちの心身に重要な働きをもたらす空間です。そしてそのキッチン心理を教える立場にあるのが「キッチン心理アドバイザー」です。

・キッチン心理アドバイザーとは

「キッチン心理アドバイザー」は日本インストラクター協会の認定試験で取得できる資格です。「キッチン心理カウンセラー」はキッチンの環境や食材などで心身にリラックス作用などをもたらすようにする資格です。対してキッチン心理アドバイザーはカウンセラーとしての活動も可能ですが、キッチン心理を教える立場としての資格になっています。
教える立場なら教室やセミナーを開くことも可能です。カウンセラーは相手を患者として接しますが、アドバイザーは健常者を相手にしますので、カウンセラーとは違った対応の仕方があります。人にものを教えるというのは確かに難しいですが、決して取れない資格というわけではありません。
キッチンは私たちの身近にあるものです。環境や食材、調理などを通して心身を癒すことができれば、日常にも取り入れやすいと思います。興味があるという方にはぜひ勉強してみてはいかがでしょうか。

・キッチン心理アドバイザー認定試験

「キッチン心理アドバイザー」の認定試験は日本インストラクター協会が行っています。日本インストラクター協会が規定する試験を受け、7割以上の評価をもらえば、合格となっています。受験に関する事項は以下のようになっています。

受験資格:特にありません

受験料:1万円(税込み)

試験日程:偶数月20日~25日

受験方法:インターネットで申請し、在宅受験

合格基準:7割以上
キッチン心理だからといっても料理人のように知識が必要だということはありません。興味があるだけでも十分な理由です。上記に書いてある通り、受験資格は特にないので誰でも受けることができます。やってみようという気持ちが大事ですから興味があるという方はぜひ受験してみてください。
もし、不安だという人がいれば通信講座がありますのでそちらで勉強しながらでも資格取得は可能です。インターネットで申請して、家で勉強し、家で受験と家にいれば取得できる資格になっています。普段家にいて家事をすることの多い主婦にはピッタリです。

・口コミ評判

キッチンというジャンルからやはり女性の方が興味を持っているようです。主婦の方は家族のため、料理が趣味という方は自分の趣味を深めるためにこの資格を取っているとのことでした。また、アドバイザーのいいところはカウンセラーとしてだけでなく、先生として人に教えることができるところです。カウンセラーとして活動しつつも、自分で教室やセミナーを開くという選択肢を作ることができます。少しでも興味があるという人は受験してみてはいかがでしょうか。
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です