通信講座や人気資格サイト

エスニック料理資格人気ランキング

エスニック

エスニック料理を家庭で作る

エスニック料理とは特定の料理ではなく民族料理という意味であり、特定の地域で食べられている料理全般を指します。意味としてはベトナムやタイ、インドネシアの料理を指すことが多く、日本でもよく食べられている料理であります。調味料で言うとナンプラーなど魚醤や唐辛子が有名ですね。エスニック料理はレストランに行けば手軽に食べられますが、自炊として作る分には少々レベルが高い料理の一つでもあります。今回は、そんなエスニック料理が料理初心者でも簡単に作れるようになる資格を二つご紹介いたします。

1位:エスニック料理ソムリエ

エスニック料理ソムリエは「日本安全食料料理協会」が主催しています。独学での受験は協会のホームページから申し込み、在宅で受験可能です。受験料は税込み10,000円であり試験も2ヶ月間隔で実施されているため、忙しい方でもタイミングを合わせやすい試験であります。

通信講座では「諒設計アーキテクトラーニング」スクールの「エスニック料理ソムリエW資格取得講座」で取得可能です。講座ではエスニック料理が食べられている地域の環境や文化、使われている素材に関する知識を学べます。エスニック料理のほかにもその地域でポピュラーなお菓子やお茶なども知ることが出来るため、世界の食事情の知識を身に着けたい方にはおすすめの資格です。

エスニック料理ソムリエW資格取得講座では、エスニック料理ソムリエともう一つエスニック料理の資格を試験免除で取得することが出来る特別コースもあります。エスニック料理に関する資格を確実に取得しておきたい方にはおすすめですので、一度講座のページをチェックしてみてください。講座料金は79,800円で標準学習期間は6ヶ月ですが、最短2ヶ月で取れる資格です。

2位:アジア料理インストラクター

アジア料理インストラクターは「日本インストラクター協会」が主催している資格です。こちらが上記のエスニック料理ソムリエW資格取得講座で取れるもう一つの資格です。エスニック料理ソムリエと同じく、独学ならば協会のホームページから申し込み受験ができます。

アジア料理インストラクターは各国で食べられているエスニック料理のレシピや調理方法についてを主に学びます。その内容は日本でもよく作られているタイ料理やベトナム料理から、なかなか料理が思い浮かばないようなペルー料理やエジプト料理まで、幅広い国々の料理を知ることが出来る濃い内容です。この資格を取得した後はアジア料理インストラクターとして名乗り、外で講師として指導する事が可能です。

試験が免除になる特別講座だと卒業課題を提出することで同時に2資格が取得できますが、自分で試験を受ける通常講座では料金が59,800円と少々安くなっています。ですが、1つの受験に10,000円の受験料がかかりますので、講座が終わって自分で2つの試験を受けるなら総額79,800円になり、特別講座と同じ値段になります。それならば、同じ値段で試験が免除になる特別講座でウケた方が良いかもしれませんね。

2資格だけで自宅でプロの味!

2つの資格を持っていれば、自宅でも簡単にエスニック料理が作れるようになるでしょう。エスニック料理を作れる方は、料理好きと言えど滅多にいません。私達が普段食べている料理とは食材や調味料・スパイスから異なり、材料を調べてレシピを調べて見ながら作ることはとても大変で時間がかかります。

そこでエスニック料理の資格を持っていれば、普段の買い物のように食材も迷うことなく買え、レシピを凝視せずとも参考にする程度で作れるようになります。料理の豆知識や背景にある文化などの知識も身につきますから、料理を出す時にも説明でき、周囲と差を付けられるでしょう。これからエスニック料理を使ったお店やメニューの開発を考えている方は、是非この2資格を目指していただきたいです。
エスニック料理資格  エスニック料理資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です