通信講座や人気資格サイト

インド料理資格人気ランキング

プロ料理の第一歩

インド料理は普段私達が食べる料理と全く違い、レシピを見ながらでも作るのが難しい料理です。料理好きの方ならば、一度はインド料理やスパイスを使って料理が作りたいと思ったこともあるのではないでしょうか。今回は料理初心者でもできる、インド料理の基本を学びながら取れる資格を3種類ご紹介いたします。

1位:インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエは「日本安全食料料理協会」が主催する資格です。通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」スクールの「インド料理ソムリエW資格取得講座」で取得できます。インド料理に関する基本的なレシピや材料やスパイスに関する細かい知識を正しい知識で学べるため、インド料理を作ったことが無くても料理初心者でも気軽に勉強できる講座です。インド料理のカテゴリーに含まれる飲み物や菓子なども学べるため、家で気軽にインド料理が作れる用になります。

インド料理ソムリエW資格取得講座では2つの資格を同時に学ぶことができ、特別コースを受講すると資格試験免除で2つの資格が取得できます。もちろん1つの資格を講座を受けずに受験することもできますが、勉強と時間の効率を考えて、確実に資格が手に入る特別コースでの取得をおすすめします。

直接受験する場合は、日本安全食料料理協会のホームページから申し込み、在宅での試験となります。試験は2ヶ月間隔で開催されているため、忙しい方でも受けやすい試験となっています。受験料は税込み10,000円ですので、もうインド料理の知識が豊富であり力試ししたい方は是非試してみてください。

2位:インド食文化インストラクター

インド食文化インストラクターは「日本インストラクター協会」が主催する資格です。インド料理ソムリエと同じく諒設計アーキテクトラーニングのインド料理ソムリエW資格取得講座から取得可能です。

こちらはインド料理の作り方から、インドの食文化の歴史、信教での食文化の違いなどインド料理についてかなり掘り下げて勉強していきます。インド料理ソムリエと比べると応用的で幅広い知識が必要になりますので、インド料理ソムリエで基礎を固めつつインド食文化インストラクターで応用知識を高めていくことをおすすめします。

諒設計の講座では、79,800円でインド料理ソムリエ・インド食文化インストラクターの2つが同時に学べ、卒業課題の提出と同時に2つの資格が取得できます。セミナーや講義など直接会場に赴かず、自分のペースでインド料理を勉強し、確実に資格を取得したい方におすすめの講座です。こちらも直接受験する場合はインド料理ソムリエと同じく、協会のホームページから申し込む必要があります。

3位:カレーマイスター

カレーマイスターは「日本野菜ソムリエ協会」が主催する資格です。カレーがメインとなる資格ですが、インド料理のメインの料理でもあり、インド料理には欠かせないスパイスについても深く知れるため、紹介させていただきます。

カレーマイスターは、カレーの基本的な知識はもちろんですが、スパイスが人の体にどのような影響を及ぼすかなど、深い知識も学ぶことができます。実際に体験しながら学んでいく資格であり、会場が東京にしかありませんので取得できる方は限られています。

受講料は6時間の講義で税込み48,000円です。実際にカレーを作って評価・アドバイスしてくれる科目もありますので、大勢でカレーについて学んでいきたい方にはおすすめです。しかし、インド料理全般について深くは学べませんのでご注意ください。

難しいインド料理もすぐに作れる

食卓にインド料理が出てくる家庭は、非常に少ないと思われます。作るとなると手間もかかるため、料理好きな方でもあまり作りません。今回紹介した資格を持っていれば、最短の手順でインド料理が作れるため、インド料理がもっと身近なものになるでしょう。インド料理が好きならば、是非一度協会のホームページや講座ページをチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です