通信講座や人気資格サイト

ぬか漬け資格人気ランキング

ぬか漬け

ぬか漬けの資格で趣味のスキルアップ

ぬか漬けと聞くと、若い方ならば少し抵抗があるかもしれません。しかしぬか漬けは乳酸菌や栄養が豊富な発酵食品の一つであり、肌にも良く多くの女性に親しまれている食品です。そんなぬか漬けには、僅かですが認定資格も存在します。今回は、ぬか漬けの基礎から学べて簡単に取得できる資格を3種類ご紹介いたします。

1位:ぬか漬けソムリエ

ぬか漬けソムリエは「日本安全食料料理協会」が主催する資格です。この資格は通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」スクールの「ぬか漬けソムリエW資格取得講座」で取ることができます。もう一つぬか漬けに関する資格を同時に取得することができますので、下記で2つ目の資格をご紹介いたします。

ぬか漬けソムリエでは、ぬか漬けがいつから日本に浸透したかなどの歴史についてや、ぬか漬けするための容器やぬか床、塩分量についてまでの知識が必要になります。通信講座ではそのような基本的な知識はもちろん、ぬか床が悪くなった時の対処法やぬか漬けで出る乳酸菌についてなどを詳しく学べます。そのため、初心者でも1から学べ、資格取得までたどり着けます。

資格自体の受験料は税込み10,000円で、ネット申し込み・在宅受験ができるため忙しい方でも手軽に受験できます。ですが、ぬか漬けの知識を確実にインプットし実力にするのでしたら、通信講座での勉強をおすすめします。諒設計の特別講座では、学習が終わり添付課題を提出することで資格試験が免除になるため、二つの資格がこの時点で取得できます。講座料金は79,800円と安いとは言えませんが、2つの資格が試験免除で取得できると考えると妥当な値段だと思えます。

2位:健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター

健康栄養ぬか漬けインストラクターは「日本インストラクター協会」が主催する資格です。諒設計アーキテクトラーニングスクールの講座では、上のぬか漬けソムリエとセットで扱われます。

ぬか漬けソムリエはぬか漬けの基本知識が一番重要でしたが、健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクターはぬか漬けを食べることによる美容・ダイエット効果や、フルーツやチーズのぬか漬けなど、基礎に応用を加えた知識が問われます。講座では、素材そのものの栄養や素材によって異なる漬け時間などを学べます。この二つの資格の知識があることで、既存のぬか漬けを現代風にアレンジしたり、自分好みのぬか漬けを自由に作ることが可能になります。

こちらの資格はぬか漬けソムリエと受験料や申込手順なども変わらず、手軽に受験できる資格です。二つのぬか漬け資格が同時に取得できる通信講座は諒設計の講座のみですので、是非挑戦していただきたいです。

3位:ぬか漬けマイスター認定試験

ぬか漬けマイスター認定試験は「日本ぬか漬け協会」が認定する簡単な試験です。資格と言うより、ネット上で試験問題が解ける簡単な腕試しと思っても良いでしょう。全問正解が認定の条件であり、15問の基本的なぬか漬けの知識が問われます。

何回でもチャレンジ可能であり、ネットで同時に調べながらでも問題は解けますのでぬか漬けが好きな人は是非一度チャレンジしてみてください。合格したら、認定証も送られます。

生活にぬか漬けを取り入れる

今回紹介した3つの資格は、ぬか漬けに興味があるけれどどうやって作れば全くわからない方に非常におすすめです。ぬか漬けに使う道具や材料が分からない初心者でも、正しい知識を勉強することによって美容にも健康にも優しいぬか漬けが簡単に作れるようになります。

ぬか漬けを使った仕事は非常に少ないですが、今注目されつつぬか漬けを使ったビジネスも、これから出始めるでしょう。ここでぬか漬けの正しい知識を仕入れておくことで、先駆者としてジャンルを引っ張っていくことも可能です。ぬか漬けに興味のある方は一度講座の公式ページで詳しい内容を確認してみてください。
ぬか漬け資格  ぬか漬け資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です