通信講座や人気資格サイト

資格ランキング

資格

稼げる人気資格ランキング

今回紹介するのは、取得すると比較的稼げるようになる3つの資格です。稼ぎ方はそれぞれ異なっているので、あなたが求めるような業種・形態の稼ぎ方もあるかもしれません。早速見ていきましょう。

1位 建築模型技工士インストラクター

はじめに紹介するのは建築模型技工士インストラクター資格です。この資格では、建築業界などで使われる建築模型を作るために必要な知識と技術を身につけることが可能です。建築模型を製作できるようになると、建築系の業界での就職をする際に有利になるだけでなく、会社に所属しなくても個人で利益を生み出せるようになる可能性があります。建築模型は1つが2万〜6万円ほどで取引される場合が多いので、クオリティの高い模型を効率良く作ることができれば、十分な利益を生み出すことができるでしょう。建築系やモノづくりが好きだという方は是非挑戦してみてください。建築模型資格

2位 クラフトハンドメイドマイスター

次に紹介するのはクラフトハンドメイドマイスター資格です。この資格は、手作りのバッグや布製品、アクセサリーなどの製作に必要な知識と技術を学ぶことができる資格です。最近では、ネットショップなどでハンドメイド製品が売られているのをよく目にします。中には個人でブランドを立ち上げて、十分な利益を出している方もいます。もちろん、そのレベルに達するまでには良質なクラフトを作れる必要があります。今回紹介しているクラフトハンドメイドマイスター資格では、かなり基礎的な部分から網羅されているので、これからクラフト作りを始めたいと思っている方でも十分な知識を身につけることができます。ネットビジネスで稼ぎたい、自分の作った製品を売ってみたいと考えている方は、ぜひとも資格を取得しておきましょう。クラフトハンドメイド資格

3位 POPデザイナー

最後に紹介するのはPOPデザイナー資格です。この資格で学べるPOPとは、お店などでよく目にする手書きの広告のことを指します。何気なく目にするPOPですが、実際にはお店の利益を大きく左右する要素の1つとしてとても重要視されています。この資格を勉強することで、人を惹きつけて購買意欲に結びつけるようなPOPデザインを身につけることができるでしょう。身につけた技能はPOP広告だけでなく、日頃のプレゼンテーション作りなど様々な部分に応用することができます。また、POP製作をして稼ぐという方法だけではなく、ネット上の広告やバナー製作をして稼ぐことも可能です。最近ではそのような仕事はネット上に大量に転がっています。今のうちにこういった広告に関する知識を身につけておいて損はないでしょう。少しでも興味のある方は挑戦してみてください。
POP資格

まとめ

いかがだったでしょうか。今回紹介した3つの資格は、どれも知識や技能を身につけることで稼ぐことができることができるようになる資格です。後半の2つの資格に関しては、自分で仕事を見つけてくる必要があるため、はじめは少し手間がかかってしまうかもしれません。しかし、一度固定のお客さんやファンをつけてしまえば、あとは安定して収入を得ることができるようになるはずです。不安な方は合わせてネットショッピングのマーケティング方法も勉強しておくと良いでしょう。またこれから初めて挑戦する分野で、独学では不安だな、という方はそれぞれの資格に対応した通信講座もあるのでチェックしておきましょう。

食える人気資格ランキング

今回は取得すると食べていけるような資格を紹介しています。さっそく見ていきましょう。

1位 機械・設備・電気CADインストラクター

CADとはパソコンの作図ソフトのことで、機械・設備・電気CADインストラクター資格はその名の通り、機械・設備・電気系の分野でCADを使いこなせる能力のある方が取得できる資格となっています。主に建築系と機械系の現場では作図をすることが多く、コンピュータによる作図(CADによるもの)が普及する前までは手で描くことが当たり前でした。手で描く図面というのは個人による完成度の高さにばらつきがあるのに比べて、CADは作図に関する知識をきちんと持っていれば、誰でも簡単に図面を作ることができます。この資格では前述したように機械・設備・電気分野においてCADを使う能力があるかが問われますが、具体的にはビルなどの空調の流れを描いた空調設備設計や、マンションの水の流れを表す給排水衛生設備設計などの作図方法に関する知識です。また建物全体の部屋ごとの電気の割り振りなどをかいた電気設備設計などについての知識も問われます。これらの知識に加えて、実際に特定のCADを実務レベルで使いこなせる技術も必要となります。資格取得に必要な知識・技術の範囲は少し広いですが、その分持っていると就職に役立つ資格なので興味がある方は挑戦してみましょう。機械・設備・電気CAD資格

2位 建築CADインストラクター

続いて紹介するのは建築系のCADに関する資格です。建築CADインストラクター資格は特定のCADを実務レベルで使いこなせる技能と、建築系のCADを用いた作図に関する知識が問われる資格です。CADを使った施工図や設計図に関する知識を勉強しておくと良いでしょう。機械・設備・電気CADインストラクター資格の部分で述べたように、CADが使われる主な分野は機械と建築系です。つまり、機械・設備・電気CADインストラクター資格とこの建築CADインストラクター資格を取得しておけば、職がなくなることは少ないでしょう。資格取得後は建築系CADをインストラクターとして教えることができます。建築CAD資格

3位 POPデザイナー

最後に紹介するのはPOPデザイナー資格です。デザイナーと聞くと少し遠い世界の職業と思ってしまう方も少なくないかもしれません。しかし実際にはセンスよりも、決まったルールを守ることで人を惹きつけるようなデザインを生み出すことができます。今回紹介するPOPデザインは広告に関するデザインの資格です。資格勉強を通してデザインの基礎となる配置や配色に関する知識もしっかりと身につくことでしょう。インターネットが普及してから広告やバナーなどの小さな仕事は尽きることがありません。単価は安いですが、要領良く仕事をこなすことで会社に所属しなくても食べていけるかもしれません。何はともあれ、デザインの知識はデザイン業界にいない方ほど持っていて得するものなので、少しでも興味があったら取得してみましょう。POP資格

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は食える資格を紹介しました。実際に資格が取れたからといって、それだけで食べていけるということはまずありません。資格をしっかりと頑張って、十分に食べていけるような知識や技術といった能力を身につけましょう。

今回紹介するのは4つの有望な資格です。有望というと人それぞれ受け取り方が異なるので、この記事においては、将来何かしたいときに比較的実用性が高いという意味合いで使いたいと思います。分野の異なる有望な資格をご用意しましたので、最後まで読んでいってくださいね。それではさっそく見ていきましょう。

1位 ファッションデザイナー

まず紹介したいのはファッションデザイナー資格です。この資格はファッションに関する様々な知識を持っていることで取得することができます。普段から洋服やおしゃれが好きな方は挑戦してみると良いでしょう。有望と判断した点は、ここで学んだ知識や感性というものはファンション業界以外で働く場合にも役立つ可能性が高いためです。例えば業界でいうとデザイン系や、仕事の内容で言えばプレゼン資料づくりなど、センスの高いものに触れながら知識を学ぶことで身についた感性を発揮する場は幅広く存在します。ファッションの資格なんて取得したって使えない、と考えていたファッション好きの方にとってほしい資格です。ファッションデザイナー資格

2位 機械・設備・電気CADインストラクター

続いて工業系の資格を紹介します。機械・設備・電気CADインストラクター資格は、機械・設備・電気系の分野で、作図ソフトCADを使用して作図ができるだけの知識と技能を持っていることを示す資格です。取得するためにはCADに関する知識やCADが使いこなせることはもちろん、機械・設備・電気系の分野の知識が必要になってきます。興味がある方は是非取得してみましょう。また、とりあえず工業系の学校や仕事をしていてCADを使うことも多い、という方は早いうちから取得しておくと、転職などを考える際に選べる道を増やすことができるかもしれません。機械・設備・電気CAD資格

3位 空間ディスプレイデザイナー

例えば、お店のショーウィンドウの演出に惹かれる方はこの資格を取得してみてください。空間ディスプレイデザイナー資格はその名の通り、お店の売り場などのデザイニングを行う能力があることを示す資格です。色使いや照明の明るさなど様々な事象を駆使して空間全体をデザインして顧客の購買意欲につなげます。モノを売っている方はもちろん、それ以外の多くの職種にも役立てることが可能な資格である部分は、ファッションデザイナー資格と共通しています。資格勉強を通して身につく能力は確実に有望なものなので、是非チャレンジしてみてください。空間資格

4位 ハウスクリーニングアドバイザー

最後に紹介するのは掃除に関する資格、ハウスクリーニングアドバイザー資格です。この資格はプロフェッショナルとして通用するような掃除の知識を保有していることを示してくれます。ハウスクリーニングアドバイザー資格をオススメしたいのは未婚の方です。決して、相手がいないからという後ろ向きな理由ではなく、いずれ相手ができることを考えて取得をオススメします。結婚や同棲をしたからといっても、やはり他人は他人です。現状では少し甘い自分の掃除基準を少し高めておきましょう。また潔癖体質の方は、より綺麗なお部屋を手にいれることができるようになるでしょう。気になった方は今日からさっそく取り掛かりましょう。ハウスクリーニング資格

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は将来、実用性が高いという括りで資格を紹介させていただきました。資格を取得することで、素敵な将来を手に入れましょう。

今回ご紹介するのは、取得が比較的簡単な資格です。勉強が好きじゃ無いけれど資格が欲しいという方にオススメの資格となっています。とても実用的なものから趣味としての一歩を踏み出すときに役立つ資格まで、種類の異なる5つの資格をご用意しています。それではさっそく見ていきましょう。

1位 整理収納インストラクター

まずはじめに紹介するのは、整理整頓インストラクター資格です。この資格は、整理整頓や収納に関する基礎知識とある程度の整理技術を備えた人が取得できる資格です。もちろん、基礎的な知識に関してはある程度勉強する必要はあるかもしれません。しかし整理整頓は日常的にこなしていることなので、そういった知識が身につくのに多くの時間はかからないでしょう。さらに、資格取得後は、その人にあった整理整頓の方法を提案するインストラクターとして活動することができるようになります。

2位 安眠インストラクター

続いて紹介するのは安眠インストラクターです。この資格で必要となるのは、睡眠に関する基本的な原理に関する知識や、朝方と夜型の違い、睡眠障害が及ぼす影響などに関する知識です。睡眠は私たちの生活に密着しているものであるため、勉強する際もさほど苦労することはないでしょう。また、ここで得た知識は日常生活にそのまま生かせるので、簡単で使える資格を求めている方に特にオススメといえるでしょう。

3位 ビーズアクセサリーインストラクター

ビーズアクセサリーインストラクター資格は、その名の通りビーズアクセサリーを作る資格です。この資格をオススメしたいのは、どちらかというと勉強が嫌いというタイプの方です。試験の際はもちろん知識が必要となりますが、自分で作りながら学ぶことができるため比較的知識もつきやすでしょう。資格を取得できる頃には、自分で様々なビーズアクセサリーを作れるようになっているはずなので、副業などにしてみても良いかもしれませんね。

4位 キャンドルデザインマスター

こちらもビーズアクセサリーインストラクター資格と同様に、自分で手を動かすことで知識をつけられるのでご紹介します。キャンドルデザインマスター資格は、様々な種類のキャンドルの知識と一定水準以上の技術を保有していることを示します。キャンドルは火の灯りやアロマの香りなどで、近年癒しグッズとして注目されています。この機会に資格を取得して、趣味にしてしまいましょう。

5位 スパイスインストラクター

最後に紹介するのはスパイスインストラクター資格です。この資格ではスパイスに関する知識が求められます。普段から料理をしている方には比較的イメージしやすく、簡単に取得できるかもしれません。試験ではスパイスの歴史なども問われるのですが、学校で習うような世界史の裏側に実はスパイスが関わっていたり大変興味深い内容になっています。料理やスパイスに興味がある方、という方限定になってしまうのですが、比較的取りやすいと思うので受験してみてください。

まとめ

いかががだったでしょうか。今回は勉強があまり好きではないという方に向けて、比較的取りやすい資格を紹介させていただきました。一点だけ注意しておきたいのは、簡単な部類ではあるけれど、やはり人によっては必要な勉強量は異なるということです。気になった資格があれば、まずはもっと詳しく調べてみて、自分でも簡単に取得できるか検討してみることをオススメします。

一生役立つ!「手に職」人気資格ランキング

今回紹介するのはしっかりとした技術を身につけることが可能な3つの資格です。これらの資格を取っておけば仕事には困らない!というわけではありませんが、しっかりと技術を身につけておくことで食べていく助けになるはずです。それではさっそくみてみましょう。

1位 CADデザインマスター

はじめに紹介するのは、CADを使える技術を保有していることを示すCADデザインマスター資格です。CADとは家を建てる時の設計図や、機械を作る際の設計図面を作成するためのコンピュータソフトです。このソフトの良いところは、手書きで作っていた設計図に比べると遥かに正確で綺麗な上に個人差がほとんどないことです。そのため、職人芸的な「手に職」とはなりませんが、この技術は持っていて損はありません。機械系・建設系以外にも電気系や土木系など様々な分野で重宝されます。CADデザインマスター資格では様々なCADを使用できる知識と技術が問われますが、さらに細かな分野ごとのCAD能力を高めたい方は、「建築CADインストラクター」や「機械・設備・電気CADインストラクター」、「土木CADインストラクター」などの資格を取得してみると良いでしょう。CAD資格

2位 絵画インストラクター

一度身につけたら一生モノになるのが絵を描くの力です。絵画インストラクター資格は絵を描く時の基本となるデッサンやスケッチから学び、絵画の技法についても習得することが可能です。基本をしっかりと押さえた上で絵がしっかり描けるようになると、普段の何気ない瞬間にさらっとイラストを描いたり、会社で配る資料にも花を添えることができるようになります。自分の描いた絵画だけで食べていくことはなかなか簡単ではありませんが、インターネットが普及している現在では決して不可能ではありません。実際にクライアントが希望しているイラストを描く仕事をネット上で探してきて、本業として活動しているイラストレーターも増えてきています。絵に興味がある方は是非トライしてみしょう。絵画資格

3位 手芸アドバイザー

最後に紹介するのは手芸アドバイザー資格です。手芸も「手に職」といった感じで、一度身につけた技術は作り続ける限りは衰えないでしょう。手作りのアクセサリーやニット系の雑貨など、現代の若い女性の需要に合わせた手芸品を作ることで稼ぐことは可能です。ただ手芸だけで生計をたてるとなると相当な技術力とセンスが必要になります。まずは手芸アドバイザー資格に挑戦して、手芸をするために必要な知識と技術を高めましょう。資格を取得すると、手芸アドバイザーとして手芸教室などで先生をすることもできるようになります。モノづくりが好きな方や、手作りのぬくもりの良さを大切にしたいと思っている方は是非取得してみてくださいね。手芸資格

まとめ

いかがだったでしょうか。手に職といってもその幅はとても広く、今回紹介したのはほんのわずかに過ぎません。実際に仕事として食べていけるだけの技術を身につけるためには、どの業種もそれなりの訓練が必要になります。どうせ長い間練習を続けるのであれば、一番興味を持っているものを選んだ方が楽しく仕事ができるのではないでしょうか。あなたが一番興味あることを見つけて、それに関した資格があるのであれば是非取っておくと良いでしょう。

需要のある人気資格ランキング

今回は比較的に需要の高い資格を紹介します。資格そのものよりも、その資格を取得する際に身につけた知識や技術、あるいその資格を取得するのに必要となる能力に需要があります。さっそく見ていきましょう。

1位 CADデザインマスター

最初に紹介するのは作図のためのコンピュータソフト、CADを使える能力を保有していることを示す資格です。この作図ソフトは、人が手で設計図などを描く代わりに綺麗で正確な図を描くことができます。CADを使える能力を必要としているのは工業系の多くの分野、多様な職種です。機械系や建設系で使われることがCADですが、設備系や電気系でも多々使用されています。CADデザインマスター資格では複数種類のCADが使える能力を保有しているかどうかが問われるので、しっかりと準備をしておくことが必要です。この資格を取得した上で、さらに専門的な分野に特化したCAD資格を取得すると就職などに有利になるでしょう。CAD資格

2位 メンタル心理ヘルスカウンセラー

続いて紹介するのはメンタルカウンセリングができる能力を示す資格です。メンタル心理ヘルスカウンセラー資格は、精神的な悩みをカウンセリングによって改善できる能力があることを示す資格です。現在の日本はストレス社会と呼ばれているように、メンタル面で問題を抱えた人が多く存在します。そのため、問題を改善して良い方向に持っていくカウンセラーは需要が高まっていると言えるでしょう。資格取得後はメンタル心理ヘルスカウンセラーとして活動することができるようになります。メンタル心理資格

3位 インテリアデザイナー

インテリアデザイナー資格はお部屋の内装に関わるデザインの知識を示す資格です。デザイン業界や建築業界での需要が高いです。その一方で、この資格を取得する際に身につく知識はどの業界でも需要が高いと考えてください。ただ文字を羅列しただけのプレゼン資料よりも、観る人を意識してデザインされたパワーポイントの方が求められていることは明らかです。この資格で身につけることが可能なのはそうしたデザイン能力です。もちろん、独学によって試験を受ける場合には、試験用の知識を覚えてしまうだけで終わってしまうかもしれません。しかし、インテリアデザイナーという本質的な部分を意識しながら勉強することで身につく能力は、どんな業界でも役立つこと間違い無しです。インテリアデザイナー資格

4位 POPライターインストラクター

最後に紹介するのはPOPライターインストラクター資格です。POPとはお店などでよく目にする手書きの商品紹介などの広告のことを指します。この資格では、もちろんPOPを描くために必要な知識などを学ぶことができます。そして、勉強することを通して習得することができる能力はインテリアデザイナーと同様で、みる相手を考えた広告を作れるようになる点です。また広告を作れる技術というのは、インターネットで多く見かけるような広告作成などの分野でも高い需要があります。決して廃れる技術ではないので、少しでも興味のある方は今のうちに取得しておくと良いでしょう。POPライター資格

まとめ

いかがだったでしょうか。今回紹介した4つの資格は、どれも需要の高い資格です。資格を取得するまでの勉強や実習は大変かもしれませんが、就職や転職をする際にはきっと役に立つものなので是非取得しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です