通信講座や人気資格サイト

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

心理学は人間の「行動」を研究の対象とする科学です。人間は生きるために、食欲、睡眠欲、性欲などそのときどきにおける「欲求」を達成するために「目標」に向かって行動を生起します。

成人だけではなく、幼児・児童もそれなりの「目標」達成に向け行動を起こします。やがて成長し生徒・学生を経て社会人となりますが、それぞれのレベルにおいて目標に向けて行動を生起し、環境に適応しながら生存していきます。

人間の行動を研究する心理学は、その研究対象により子供心理学・チャイルド心理学、児童心理学、教育心理学、社会心理学など専門分野に分類されます。これらの心理学のエリアで「チャイルド心理学」は、新生児はじめ幼児、児童、生徒など思春期までの人間の行動を対象としているわけです。

チャイルド心理学を習得し、専門家として活躍したいという方はいませんか。チャイルド心理学のエリアでスペシャリストとして社会に貢献するためには、次のような資格を取得する必要があります。

1 子ども心理インストラ クター
2 チャイルド心理ヘルスカウンセラー
3チャイルドカウンセラー
4チャイルドマインダー
5児童心理司
6育児セラピスト

ここでは、これらの資格を取得するために役立つ情報を解説していきます。詳しい情報を確認し、資格を取得して心理カウンセラーとして活躍されるようおすすめしましょう。

1位 子ども心理インストラ クター

まず子ども人気ランキング1位の「子供心理インストラ クター」を確認しましょう。「子供心理インストラクター」の資格を取得すれば、子供の育成について専門的な知識により、アドバイス・カウンセリングをする資格が証明されます。

その専門的な知識の内容は、子供の心の発達、子供の心身の成長、子供と家族の構成員との人間関係、子供と社会との関係など、生存している子供の人格とか子供の性格形成にかかわるメンタルな専門的知識です。

これらの専門的知識により、子供の行動を観察し、その行動を手掛かりとして、子供の悩みを解明し、子供への接し方など、子供の発達・成長段階に適したアドバイスとかカウンセリングをします。そこで「子供心理インストラクター」として活躍するためには、子供心理のプロとして、カルチャースクールとか、親子教室、小学校・中学・高校などの相談員として勤務します。

「子ども心理インストラクター」の資格を取得できる講座があります。
講座を受講して「子供心理インストラクター」の資格を取得しましょう。

2位 チャイルド心理ヘルスカウンセラー

次にランキング2位の「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」はどうでしょうか。この専門職は胎児の時期から出生後の乳児、幼児、学童、生徒、思春期までの子供の悩みとか、環境に適応して生存していくための問題についてカウンセリングをする心理カウンセラーです。

この資格を取得すれば、子供の心裡・発達を理解し、子供が環境に適応していくための悩みとか生存のための問題ついてカウンセリングできる技能と知識があると証明されます。

3位 チャイルドカウンセラー

そして3位の「チャイルドカウンセラー」を確かめましょう。

生存している人間関係として心理学では「集団」を対象とした研究をすすめています。身近な集団は「家庭」ですが、チャイルドが成長すると、小中学校から高校へ進学すれば「学校」という集団のメンバーとして、集団環境のなかで行動するようになりましょう。

そうなると、家庭とか学校における集団生活では、悩みが起こりますし、子育てをしている親権者としての親にも悩みが想定されます。そうした集団生活における悩み、子育てする親の育て方が重要となります。

このような人間関係に適応するテクニックについてカウンセリングする専門職が「チャイルドカウンセラー」です。複雑化した現代では、集団生活における悩みも複雑になっています。不登校、非行、家庭内暴力にどう対応するかが社会問題になっています。

そこで学校その他の教育機関、児童相談所、都道府県の行政機関などでは、チャイルドカウンセリングを受け付けています。ですから「チャイルドカウンセラー」はこのようなエリアでカウンセラーとして活躍できます。

このほか企業によっては、「悩み相談室」を設置していますから、その責任者として就職できるでしょう。この「チャイルドカウンセラー」の資格は、日本能力開発推進協会で認定されます。

そこで「チャイルドカウンセラー」の資格を取得するためには、日本能力開発推進協会で指定する「認定講座」を受講する必要があります。通信講座を利用すれば、自宅で受講できます。費用は45000円ほどになっています。

講座の受講を完了すると、「認定試験」を受験します。認定試験も自宅で受験できますから、試験場に出頭する必要はありません。

4位 チャイルドマインダー

人気ランキングの4位は「チャイルドマインダー」ですから、その資格を確かめましょう。

家族集団において「家庭的な保育サービス」を担当するスペシャリストを「チャイルドマインダー」といいます。メンバーが多数の集団ではなく、集団の構成員が少ない集団において、
「少人数教育」を受け持つスペシャリストというわけです。

保育所によっては、多数のメンバーのクラスのほか、「少数組」という特別教室を設置しているケースがあります。チャイルドマインダーの職場になりましょう。

実は自分が主体となって運営するケースがあります。自宅とか、適切な空地などに「保育ルーム」を設置して運営できます。

家庭教師のように依頼された家庭に訪問して「保育サービス」をするケースも歓迎されましょう。さらには、企業で設置された「子供預かり室」に勤務するケースも考えられます。
子供の自立心を育成したいという家庭にとっては、ありがたい職業として「チャイルドカウンセラー」への依頼をおすすめします。

この資格を取得するためには、専門講座の利用をおすすめします。

5位 児童心理司

さらにランキング5位の「児童心理司」について確認しましょう。

そもそも「児童心理司」とは、心理学を専攻し、その専門的な知識により、児童とか児童の保護者に対して心理診断をするスペシャリストをいいます。もともと児童相談所など専門機関に従事する「心理判定員」という任用資格でした。その後、「児童相談所」においては、現在の「児童心理司」と変更されたわけです。

近時、児童の虐待、育児放棄など異常な家庭環境で、苦しむ児童が増えています。乱れた環境のなかで生活する児童が非行とか自傷行為に走るケースもみられ、その救済策が問われ、児童相談所が重要な任務を担う現状です。

その任務を果たすために「児童心理士」という資格を設定しただけに、その社会的な役割も重要でしょう。乱れた家庭環境のなかで苦しむ児童の心に寄り添い、その保護者にも手を差し伸べ、家庭環境の改善に奉仕する重要な使命を担っています。

児童心理司になるためにはどうすべきでしょうか。特別の資格試験はありません。

しかし、児童心理司になるには公務員試験に合格している必要があります。地方公務員試験の「上級地方公務員採用試験」に合格しなければなりません。しかも、「児童心理司」になるには、児童福祉法に定められている「任用資格要件」を満たしている必要があります。

6位 育児セラピスト

最後にランキング6位の「育児セラピスト」について確かめましょう。

そもそも「育児セラピスト」は育児に関する専門的な知識を有する育児のスペシャリスト
をいいます。子供を育てる父や母にとっては、貴重なアドバイザーでしょう。

その「育児セラピスト」は、育児や保育における体系的な知識をはじめ、子供を育てる
ための知恵を備えています。このような知識と知恵を子育てをする人に教えてあげます。

育児の専門家としての「育児セラピスト」は、育児に関する知識や知恵を、社会学から医学とか心理学など専門的な視点に立って習得しています。

家庭における夫婦関係の在り方、家族の成り立ち、家族間のコミュニケーションのやり方などを学ぶことがでるでしょう。

育児セラピストになるためには、養成講座を受講しましょう。

#一般社団法人 日本アタッチメント育児協会

〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山 2-15-14 パックス金山4階

適切な資格を選択しよう(まとめ)

これまで見てきた結果として、チャイルド心理学にかかわる各種の資格の正体が明らかになりました。これらの情報を活用して、自分に最適な資格を選択し、その資格を取得して
カウンセリングによって、社会に貢献されるようおすすめしましょう。
子供心理学  子供心理学