通信講座や人気資格サイト

水耕栽培資格人気ランキング

水耕栽培

水耕栽培という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。水耕栽培とは、土壌を全く使わず、野菜が育つ上で必要な養分を溶かした水溶液で野菜を育てることをいいます。害虫がつきにくかったり、生長が早くなったりする特徴があるので、レタスや水菜などの栽培に利用されることも多いです。不可能といわれていた根菜類の栽培も可能になってきたので、最近では多くの農場で利用されていますよ。

そんな最近注目されている水耕栽培ですが、それに関する資格も人気が出始めています。水耕栽培の資格を取ることで、様々な水耕栽培の方法や水耕栽培に必要な道具などについて詳しく知ることができますよ。家でできる水耕栽培についての知識も身に付けられるので、仕事としてだけではなく、趣味として水耕栽培を楽しむことができます。もし少しでも興味がありましたら、是非水耕栽培の資格取得にチャレンジしてみてはいかがいかがでしょうか。

今回は、水耕栽培資格人気ランキング1位~3位をご紹介します。

1位 野菜水耕栽培士

日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している資格で、水耕栽培の資格の中で特に人気がある資格です。

この資格を取得すると、クレソンや春菊、トマト、ヘチマ、小松菜、えんどう豆などの野菜を水耕栽培する方法や水耕栽培に必要な道具など、水耕栽培に関するあらゆる知識を身に付けていることを証明できます。また、タワー型、ポンプ式、多段式、連結式、発泡スチロールなどを使った様々な水耕栽培の技法や水温・害虫の対策についても理解していることを証明できます。

受験資格は特にないので、水耕栽培に興味があれば誰でもチャレンジすることができます。野菜に関する職業に就いている方だけではなく、水耕栽培が好きな方、これから水耕栽培を始めてみたい方などにもおすすめです。

資格取得後は、野菜水耕栽培士として多くの人に水耕栽培の方法を伝えることができます。

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

2位 水耕栽培インストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している資格で、こちらの資格も人気がある資格の1つです。

この資格を持っていると、野菜や果物の特性や水耕栽培方法、水耕栽培で使用する配管やポンプについてなどを正しく理解していることを証明できます。また、家庭のキッチンなどで行えるペットボトルを使った水耕栽培方法や技術などを身に付けていることも証明できます。

受験の申し込みがインターネットからできたり、在宅での受験が可能だったりするので、仕事や家事などで忙しい方も隙間時間にチャレンジすることができます。

資格取得後は、水耕栽培インストラクターとして自宅やスクールなどで講師活動をすることができます。また、身に付けた知識を活かして、自分の家で水耕栽培を楽しむことができます。

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

3位 美味安全野菜栽培士

日本園芸協会の通信講座を受け、全ての課題に合格することで取得できる資格です。野菜づくりに関する仕事をしている方だけではなく、家庭菜園をしてみたい初心者の方にも人気があります。

野菜栽培に関する幅広い知識や食べ方を身に付けることができ、家庭菜園でおいしい野菜が作れるようになります。具体的には、土や肥料などの知識、有機栽培の方法、野菜の加工方法や販売方法、キュウリやトマトなどの定番野菜や珍しい野菜の栽培方法などの知識を身に付けられます。

美味安全野菜栽培士の講座で使われるテキストは、「基礎編」「栽培収穫編(葉茎菜)」「栽培収穫編(果菜/根菜)「販売管理編」の4冊で構成されています。日本を代表する野菜づくりの第一人者が執筆したもので、学びやすく分かりやすいと好評です。

資格取得後は、野菜づくりの知識と技術を身に付けたスペシャリストとして活躍することができます。また、資格を取る時に身に付けた知識を自宅での野菜づくりに活かすことができます。

標準学習期間:6ヶ月

受講料:47,000円(税込)※教材費、添削費、認定証発行費、事務所経費含む

いかがでしたでしょうか?野菜水耕栽培の資格はどれも魅力的ですよね。しかし、いざ資格を取ろうと思うと、どれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そんな時は、「野菜水耕栽培士」か「水耕栽培インストラクター」のどちらかの資格を選ぶといいでしょう。この2つは特に人気がある資格なので、初めて水耕栽培の資格に挑戦する方におすすめですよ。インターネットから申し込めたり、在宅での受験ができたりするのも嬉しいポイントですよね。

もし水耕栽培に興味がありましたら、是非この機会に資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。
水耕栽培資格取得通信教育講座  水耕栽培資格取得通信教育講座