通信講座や人気資格サイト

水彩資格人気ランキング

水彩画

水彩画は、小さいお子さんから高齢の方まで楽しむことができますよね。絵葉書を描いたり、コンクールに応募したり、描いた絵をプレゼントしたりなど、その楽しみ方は様々です。

そんな幅広い世代に愛される水彩画ですが、実は水彩画に関する資格があることをご存知ですか?もし少しでも水彩画に興味をお持ちであれば、資格取得を目指してみてもいいかもしれません。

水彩画の資格を取得すると、水彩画のテクニックや表現方法、水彩画で使う道具の選び方などを身に付けることができます。基本的な知識から発展的な知識まで学ぶことができるので、きっと今よりも魅力的な水彩画を描けるようになるでしょう。

資格取得で身に付けた知識は一生ものなので、資格を持っていても損することはありません。また、水彩資格を持っていると履歴書にも書くことができるので、就職時などに役立つかもしれませんね。

今回は、水彩資格人気ランキング1位~2位をご紹介します。

1位 水彩アーティスト

日本デザインプランナー協会(JDP)が主催している資格で、水彩資格の中でも特に人気がある資格です。水彩画の技術を向上したい方、趣味の水彩画で講師活動をしたい方、絵を描く仕事をしたい方などが挑戦する資格としても知られています。

水彩アーティストの資格を取得すると、水彩画で使う絵具の種類や水彩画の技法、構図の考え方など、水彩に関するあらゆる知識を身に付けていることを証明できます。また、用紙や筆の選び方、パレットの種類や使い方、水彩画を描く時に必要な道具などの知識を理解していることも証明できます。

年齢制限などは特にないので、水彩に興味を持った方は気軽にチャレンジすることができますよ。試験は2月・4月・6月・8月・10月・12月に行われているので、思い立ったらすぐに受験の申し込みをしてみてもいいかもしれませんね。

水彩アーティストの勉強を1人で行うのが不安という方は、水彩アーティストの資格取得を目指す通信講座などもありますので、そちらを利用するのも1つの方法です。

資格取得後は、水彩アーティストの肩書きを持ち、自宅やカルチャースクールで教室を開いたりするなどの活動を行うことができます。また、身に付けた知識を趣味の水彩画に活かすこともできます。水彩画はいくつになっても楽しめるので、この資格を持つことで趣味の時間をより充実させることができるでしょう。

受験資格:特になし

受験料:10,000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

2位 水彩画インストラクター

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している資格で、こちらの資格も水彩アーティストと同様に人気があります。水彩画の技術を向上させたい方、水彩画を仕事にしたい方、水彩画をこれから始めたいという方におすすめできる資格です。

水彩画インストラクターの資格を取得すると、水彩画を描く方法やコツ、色づくり、構図の考え方、水彩画で使う道具についてなどの知識を正しく身に付けていることを証明できます。また、色々な表現方法、例えば水の表現方法、光の表現方法、空の表現方法を理解し、陰影を描く技術をしっかりと身に付けていることも証明できます。

受験の申し込みはインターネットからできるので、郵送で申し込みをする時と違って、わざわざポストや郵便局まで行く必要もありません。また、在宅での受験も可能なので、仕事や家事などで忙しい方も隙間時間にチャレンジすることができますよ。

1人では勉強が進まないという方は、資格取得を目指すための通信講座もあるので、そういった講座を利用するのも1つの手です。水彩アーティストと水彩画インストラクターの勉強を同時にできる講座もあるので、気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

資格取得後は、水彩画インストラクターとして講師活動をすることができ、多くの人に水彩画の描き方を伝えていくことができます。また、資格取得の際に身に付けた知識を趣味の水彩画に活かすこともできます。中には、描いた水彩画を知人や家族にプレゼントしたり、賞を目指してコンクールに応募したりする方もいますよ。

受験資格:特になし

受験料:10,000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

いかがでしたでしょうか?水彩資格には「水彩アーティスト」と「水彩画インストラクター」の2つがありますが、どちらも知名度や人気があり、資格取得に初めてチャレンジする方にもおすすめです。受験資格も特になく、試験を受けるために遠い会場へ行く必要もないので、気になる方は誰でも気軽にチャレンジすることができますよ。受験の申し込みがインターネットからできるのも嬉しいポイントですよね。

もし水彩に少しでも興味がありましたら、是非この機会に資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。
水彩画資格取得通信教育講座  水彩画資格取得通信教育講座