通信講座や人気資格サイト

刺繍資格人気ランキング

刺繍資格

刺繍にも色々な種類や技法があるのをご存知ですか?クロスステッチ、刺し子、フランス刺繍、ミシン刺繍など様々な種類があり、刺繍の世界は意外と奥深いです。刺繍に熱中する人も最近増えてきて、刺繍に関する本もたくさんありますよね。もし刺繍について少しでも学びたいと思ったら、刺繍の資格に挑戦することをおすすめします。

刺繍の資格に挑戦すると知識を広げることができるので、それに合わせて技術も上達させることができます。刺繍の資格は裁縫に関する仕事をしている方だけではなく、刺繍が趣味の方、これから刺繍をやってみたい方にもおすすめですよ。

今回は、刺繍資格人気ランキング1位~4位までをご紹介します。

1位 刺繍アドバイザー

日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している資格で、刺繍の資格の中でも特に知られています。

様々な刺繍の種類、例えばビーズ刺繍、フランス刺繍、コード刺繍、ミシン刺繍、刺し子、クロスステッチなどの知識や刺し方を身に付けていること証明できます。また、刺繍で使用する糸や針など、刺繍を行う上で必要な道具について詳しく理解していることも証明できます。

試験は2ヶ月に1度行われているので、仕事や家事などで忙しい方でも気軽にチャレンジできる資格として人気です。

資格取得後は、刺繍アドバイザーとして自宅やスクールなどで講師活動をすることができます。また、身に付けた知識を自分の趣味に活かすことができます。

受験料:10,000円(税込)

受験資格:特になし

受験申請:インターネットからの申し込み

受験地:全国各地(在宅での受験)

2位 刺繍クラフトインストラクター

日本インストラクター技術協会が主催している資格で、こちらの資格も多くの方に人気があります。

この資格を持っていると、フランス刺繍やクロスステッチなど様々な刺繍の種類や刺し方、刺繍を行う時に必要な道具とその選び方についての知識を持っていることを証明できます。また、自分自身で構図や図案、色合いを考え、実際に自分で刺繍を行える力があることも証明できます。

インターネットから申し込むことができたり、受験も在宅でできたりするので、資格取得のためにわざわざ遠い会場に行く必要はありません。

刺繍に関する仕事をしている方はもちろん、刺繍が趣味という方、刺繍に挑戦してみたい方にもおすすめできる資格です。

受験料:10,000円(税込)

受験資格:特になし

受験申請:インターネットからの申し込み

受験地:全国各地(在宅での受験)

3位 戸塚刺しゅうの師範資格

戸塚刺しゅうの師範資格は、戸塚刺しゅう協会の初級・中級・上級の講座を受講し、その後の認定試験に合格することで取得できる資格です。

初級ではバックステッチやクロスステッチなど30種類のステッチ、中級ではカットワークを含む20種類のステッチを学び、上級ではオリジナルの作品を作ることができる力を身に付けます。

認定試験は課題作品を実際に制作して提出する必要があるので、それなりに勉強して臨まなければなりません。しかし、実際に手を動かすことでより実践的な知識を身に付けられると好評です。

戸塚刺しゅうの師範資格を持っていると、「戸塚刺しゅうの先生」として刺繍を教える活動をすることができます。

受講料:初級・中級32,400円/上級32,400円

認定料:初級10,000円/中級20,000円/上級30,000円

受験地:兵庫、東京

4位 日本手芸普及協会の刺繍師範資格

区限刺しゅう・白糸刺しゅう・ステッチ100の技法別にそれぞれ「本科」「高等科」「講師科」「指導員」のコースカリキュラムがあるので、資格取得のためにはまずそれらを修了する必要があります。その後、それらに加えて「師範養成講座」「指導者のためのアドバンスプログラム」を修了することで、日本手芸普及協会の刺繍師範資格は取得できます。

区限刺しゅうでは、布地の織り糸をカウントしながら刺してパターンを作っていく刺し方を学びます。また、白糸刺しゅうでは白布に白い糸で刺す刺繍のこと、ステッチ100刺しゅうでは地域や時代によって様々ある刺繍について学ぶことができます。

各コースとも「本科」~「指導員」の最短履修期間は1年9ヶ月なので、この資格を取得するためにはかなりの時間がかかります。

資格取得後は、日本手芸普及協会の刺繍師範資格を持っている先生として、多くの人に刺繍のやり方を教えていくことができます。

申請料:本科3,000円/高等科5,000円/講師科10,000円/指導員20,000円

いかがでしたでしょうか?刺繍に関する資格は色々あるので、一体どの資格を選んだらいいか迷ってしまいますよね。そんな時は、「刺繍アドバイザー」や「刺繍クラフトインストラクター」を選んでみるといいでしょう。この2つは刺繍に関する資格の中でも知名度があるので、初めて刺繍に関する資格に挑戦するという方にはおすすめです。インターネットから申し込めたり、在宅での受験ができたりするので、忙しい合間をぬって挑戦できるのも嬉しいポイントですよね。

もし少しでも刺繍に興味が出てきたら、是非この機会に資格取得を考えてみてはいかがでしょうか。
刺繍資格取得通信教育講座  刺繍資格取得通信教育講座